9月17日は映画監督ブライアン・シンガーの誕生日。監督作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

9月17日は映画監督ブライアン・シンガーの誕生日。監督作で一番好きなのはどの作品ですか?
ブライアン・シンガー
プライアン・シンガーは1965年9月17日にニューヨーク州ニューヨークで生まれました。
カリフォルニア大学映画学科で学び、「ユージュアル・サスペクツ」で一躍注目を浴び、「X-メン」の監督に抜擢。

ブライアン・シンガーの主な監督作品は次の通りです。
「ユージュアル・サスペクツ」(原題 The Usual Suspects)
ユージュアル・サスペクツ
5人の悪党が集まった犯罪計画の顛末を、トリッキーかつ巧緻な構成で描いたクライム・サスペンス。
1996年4月13日(土)公開。
正体不明の男企てた銃器強奪計画に加担することになったキートンほか5人の前科者たちが渋々ながら作戦に乗り出し、任務を遂行する…
第68回アカデミー賞でオリジナル脚本賞、ケヴィン・スペイシーが助演男優賞を受賞。
ケヴィン・スペイシーの演技が光るサスペンス映画の傑作です。

「X-メン」(原題 X-MEN)
X-MEN
突然変異によって特殊能力が身についたミュータントたちの活躍を描いたSFアクション。
2000年10月7日(土)に公開され、興収18.5億円のヒット。
人類との共存を目指すプロフェッサーX率いるミュータント集団X-MENは、人類の滅亡をもくろみテロ活動を企てるマグニートーたちと戦うことを決意する…
「X-メン」では監督・原案、2003年「X-MEN2」(興収18億円)では監督・脚本。

「スーパーマン リターンズ」(原題 Superman Returns)
スーパーマン_リターンズ
ブランドン・ラウス主演で5年ぶりに地球に戻ってきたスーパーマンの活躍を描いたヒーロー・アクション。
2006年8月19日(金)に公開され、興収14.5億円のヒット。
5年ぶりに地球に舞い戻ったクラーク・ケントことスーパーマン。しかし、かつての恋人・ロイスは彼との思い出を振り切り、新たな道を歩み出していた…
5年ぶりに地球に戻ったスーパーマンの心の葛藤と宿敵レックスとの戦いをブライアン・シンガー流に描いた作品です。

「ワルキューレ」(原題 Valkyrie)
ワルキューレ
トム・クルーズ主演でヒトラー暗殺計画を描いたサスペンス・アクション。
2009年3月20日(金)に公開され、興収12.5億円のヒット。
実話を基に、非人道的なナチス政権の暴挙に疑問を抱き反乱分子となったドイツ将校が同志と手を組み、ヒトラー暗殺計画に及んでいく姿を描く…
ヒトラー暗殺計画に及んでいく過程とその顛末をブライアン・シンガーならではの緊迫感溢れるタッチで描かれた作品です。

「X-MEN」シリーズの前日譚を描いた2011年「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」(興収7億円)では原案・製作、2014年5月30日(金)公開の「X-MEN: フューチャー&パスト」では監督・原案・製作。
X-MEN:フューチャー&パスト

そして最新作“X-MEN:Apocalypse”が2016年5月27日(金)公開予定。

これからもさらなる活躍を期待する監督の一人ですが、ブライアン・シンガーの監督作で一番好きなのはどの作品ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です