8月5日はマリリン・モンローが亡くなった日。マリリン・モンローの出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

8月5日はマリリン・モンローが亡くなった日。マリリン・モンローの出演作で一番好きなのはどの作品ですか?
マリリン・モンロー
マリリン・モンローは1962年8月5日にロサンゼルス郊外の自宅で36歳の若さで亡くなり、世界に多大な衝撃・悲嘆が駆け巡りました。

マリリン・モンローの代表作は次の通りです。
「紳士は金髪がお好き」(原題 Gentlemen Prefer Blondes)
1953年8月26日(土)公開
紳士は金髪がお好き
名匠ハワード・ホークス監督の傑作ミュージカル・コメディ。ニューヨークの踊り子ローレライとドロシー)は、金持ち男を求めて珍道中の旅に出る…
マリリン・モンローは踊り子のローレライを好演し、魅力を100%開花させた傑作です。

「七年目の浮気」(原題: The Seven Year Itch)
1955年11月1日(土)公開
七年目の浮気
ビリー・ワイルダー監督が、マリリン・モンローの魅力を最大限に発揮したコメディ。
家族を避暑地に送り出し、つかの間の独身に戻った結婚七年目の夫が絶世の美女に一目ぼれしてしまうお色気コメディの傑作。
通気口から吹き上がる風でマリリン・モンローのスカートがなびくセクシー・ショットは、映画史に残る名シーンです。

「お熱いのがお好き」(原題: Some Like It Hot)
1959年4月29日(土)公開
お熱いのがお好き
ビリー・ワイルダー監督トニー・カーティスジャック・レモン共演のラブ・コメディ。
禁酒法時代のシカゴでマフィアに追われる二人はバンドの女性歌手シュガーに一目ぼれ。だがマフィアの抗争に巻き込まれてしまう…
マリリン・モンローは女性歌手シュガーを演じ、ゴールデン・グローブ賞のミュージカル/コメディ部門で主演女優賞を受賞

2012年にはマリリン・モンローの没後50年を記念してミシェル・ウィリアムズ主演の「マリリン 7日間の恋」が公開。
マリリン 7日間の恋
「マリリン 7日間の恋」(原題 My Week With Marilyn)はマリリン・モンローが「王子と踊り子」出演のためにイギリスに赴いた際の知られざるエピソードを映画化。
ミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンローを演じ、第69回ゴールデン・グローブ賞のミュージカル/コメディ部門、ラスベガス映画批評家協会賞、シカゴ映画批評家協会賞など数多くの映画賞で主演女優賞を受賞!!
ミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンローの華麗なセレブと繊細な少女のような二つの顔を見事体現していて、思わず抱きしめたくなるようなマリリン・モンローを見せてくれます。

マリリン・モンローの魅力はいまだに色あせることがありません。
マリリン・モンローの出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です