ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞を受賞したドラマ「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」、NHK BSプレミアムで11日(金)放送。

Pocket

ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞を受賞したドラマ「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」、NHK BSプレミアムで7月11日(金)放送。
マイライフ・アズ・ア・ドッグ
ラッセ・ハルストレム監督が少年の成長をユーモラスに描いたドラマ「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」(英題 My Life As A Dog)
1988年12月24日(土)公開。
スプートニクショックに揺れる50年代のスウェーデンを舞台に、病に倒れた母の下を離れ、叔父の住む田舎で暮らすことになった少年の姿を描く。
第45回ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞を受賞。

兄と病気の母親、愛犬シッカンと暮らす12歳の少年イングマル。「宇宙船スプートニクと共に実験で打ち上げられ、船内で餓死してしまったライカ犬よりも、自分の方がまだましだ」が彼の人生哲学。
病弱の母の容体が悪化し、ひと夏をグンナル叔父さんの家で過ごすことに。ボーイッシュな少女サガと友達になったりと、楽しい出来事に彩られたのどかな日々がイングマルの心を癒やし成長させていく…

「ギルバート・グレイプ」、「親愛なるきみへ」のラッセ・ハルストレム監督が脚本も手がけて映画化し、この作品で高い評価を得たことで世界を舞台に活躍することに。
12歳のイングマルにはアントン・グランセリウス
ボーイッシュな少女のサガにはメリンダ・ギンナマン、イングマルの母にはアンキ・リデン、グンナル叔父さんにはトーマス・フォン・ブレムセン。

どんなに苦しいことがあっても、支えあって愛し合って生きていくことの素晴らしさを教えてくれる傑作です。

★「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」(字幕スーパー)
NHK BSプレミアム
7月11日(金)
13:00~14:43

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です