山田洋次監督が中井貴一、有森也実、渥美清共演で映画に夢を賭けた若き活動屋たちを描いた「キネマの天地」、NHK BSプレミアムで11月6日(月)放送。

Pocket




原田マハの小説山田洋次監督沢田研二菅田将暉共演で映画化した”映画の神様”を信じた男の物語「キネマの神様」、NHK BSプレミアムで11月6日(月)放送。

原田マハの小説山田洋次監督沢田研二菅田将暉共演で映画化した”映画の神様”を信じた男の物語「キネマの神様」
2021年8月6日(金)に公開され、興収5.45億円。
“映画の神様”を信じ続けた男の人生とともに紡がれる愛と友情、そして家族の物語。

ギャンブル狂いのゴウは妻の淑子や家族にも見捨てられていた。そんな彼が唯一愛してやまないのが映画で、なじみの名画座の館主テラシンとゴウはかつて共に映画の撮影所で同じ釜の飯を食った仲だった。若き日のゴウとテラシンは、名監督やスター俳優を身近に見ながら青春を送っていた…

人気小説家の原田マハが自身の家族、経験をもとに書きあげた小説山田洋次が監督朝原雄三が脚本を手掛けて映画化した松竹映画100周年の記念作品

ギャンブル狂いのゴウには沢田研二

当初は志村けんが務める予定だったのが、新型コロナウイルス感染症の肺炎により降板、死去され、沢田研二が遺志を継いで出演。

妻の淑子には宮本信子

娘の歩には寺島しのぶ

名画座の館主テラシンには小林稔侍

若き日のゴウには菅田将暉

若き日の淑子には永野芽郁

若き日のテラシンには野田洋次郎

スター女優の園子には北川景子

主題歌は菅田将暉と野田洋次郎がRADWIMPS feat.菅田将暉として初タッグを組んだ「うたかた歌」


松竹映画100年の歴史を見つめ、これから100年の映画界へのバトンになってほしいという希望が込められた作品。

★「キネマの神様」
NHK BSプレミアム
11月6日(月)
13:00~15:07




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です