イギリスのブッカー賞受賞のペネロピ・フィッツジェラルドの小説をイザベル・コイシェ監督が映画化したドラマ「マイ・ブックショップ」、3月9日(土)から全国順次公開。

Pocket




イギリスのブッカー賞受賞ペネロピ・フィッツジェラルドの小説イザベル・コイシェ監督エミリー・モーティマー主演で映画化したドラマ「マイ・ブックショップ」(原題 The Bookshop, La libreria)、3月9日(土)からシネスイッチ銀座ほか全国順次公開。

スペインのゴヤ賞で作品賞、監督賞、脚色賞の3部門を受賞。
1959年のイギリスの海岸地方の町で戦争で夫を亡くした女性フローレンスが、亡き夫との夢だった書店を開業しようとする…

1959年、戦争で夫を亡くしたフローレンスは、書店が1軒もないイギリスの田舎町で夫との夢だった書店を開こうとするが、住民たちから不評を買う。ある日、40年も邸宅に引きこもっている読書好きの老紳士ブランディッシュと出会い、書店を軌道に乗せる。そんな中、彼女をよく思わない地元の有力者夫人が書店をつぶそうと画策していた…

イギリスの文学賞ブッカー賞を受賞したペネロピ・フィッツジェラルドの小説「ブックショップ」を「死ぬまでにしたい10のこと」のイザベル・コイシェが監督・脚本を手掛けて映画化。

戦争で夫を亡くしたフローレンスには「レオニー」のエミリー・モーティマー
ビル・ナイパトリシア・クラークソンほかが共演。
スペインの第32回ゴヤ賞で作品賞、監督賞、脚色賞の3部門を受賞

保守的なイギリスの町に小さな変革を起こそうとした女性のささやかな奮闘記。

「マイ・ブックショップ」公式サイト

「マイ・ブックショップ」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です