「午前十時の映画祭9」、2月1日(金)からは「アメリカン・ギャングスター」として「パルプ・フィクション」、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」を上映。

Pocket




「午前十時の映画祭9」、2月1日(金)からは「アメリカン・ギャングスター」として「パルプ・フィクション」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」を上映。

世界の名作を毎朝10時より上映する「午前十時の映画祭」。9回目を迎える「午前十時の映画祭9」は50週にわたって実施。初めて上映する外国映画18本、日本映画4本、人気作品の再上映は外国映画4本、日本映画1本の合計27本をラインナップ。
あの名作を大スクリーンで楽しむのもいいかも。

「パルプ・フィクション」(原題 Pulp Fiction)
Group A: 2月1日(金)~2月14日(木)
Group B: 2月15日(金)~2月28日(木)

クエンティン・タランティーノ監督ブルース・ウィリスジョン・トラボルタユマ・サーマン共演で描いた異色のバイオレンス・アクション。
1994年9月24日(土)に公開され、配収4億円。
いまいち冴えない二人組みのギャング、ギャングのボスのセクシーな若妻、捨て身のプロボクサー。3つの犯罪ドラマが交錯し、衝撃のクライマックスへと向かう…
第67回アカデミー賞で脚本賞、第46回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞。
スピード感溢れる暴力描写と洒落たセリフの数々。タランティーノ節全開で楽しめる作品です。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」<ディレクターズ・カット>(原題 Once Upon a Time in America)
Group B: 2月1日(金)~2月14日(木)
Group A: 2月15日(金)~2月28日(木)

セルジオ・レオーネが監督・脚本ロバート・デ・ニーロジェームズ・ウッズ共演で二人のユダヤ系ギャングの半世紀に及ぶ友情、愛、裏切りを描いたドラマ。
1984年10月6日(土)に公開され、配収7.85億円。
20世紀初頭、禁酒法時代のニューヨークでマフィアからも一目置かれるギャングとなった二人の男、ヌードルスとマックスの半世紀にも及ぶ友情、裏切りを描く…
エンニオ・モリコーネの美しい音楽に乗せて描かれる二人のギャングの友情と裏切りのドラマ。セルジオ・レオーネ監督の最高傑作です。

詳しくは「午前十時の映画祭9」公式サイトまで。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です