スパイク・リー監督「ブラック・クランズマン」、第91回アカデミー賞で作品賞、監督賞、助演男優賞、ほか6部門にノミネート。

Pocket




スパイク・リー監督ジョン・デヴィッド・ワシントン主演で黒人刑事の”KKK”潜入捜査を描いたクライム・エンターテインメント「ブラック・クランズマン」(原題 BlacKkKlansman)、3月22日公開(金)公開。

1970年代末のアメリカを舞台に黒人刑事ロン・ストールワースが過激な白人至上主義団体”KKK(クー・クラックス・クラン)”に潜入捜査する…
カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞アカデミー賞で作品賞、監督賞、アダム・ドライヴァーが助演男優賞、脚色賞、編集賞、作曲賞の6部門にノミネート

1979年、コロラド州コロラドスプリングスの警察署に、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース。捜査に燃えるロンは白人至上主義団体”KKK(クー・クラックス・クラン)”のメンバー募集に応募する。黒人であることを隠して差別発言をまくし立てた彼は、入会のための面接に進むが、同僚の白人刑事フリップに協力してもらうことに。電話はロン、対面はフリップが担当して2人で1人の人物を演じながら、”KKK”の潜入捜査を進めていく…

黒人刑事が白人至上主義団体”KKK(クー・クラックス・クラン)”の潜入捜査した実話をつづったノンフィクション小説を「マルコムX」のスパイク・リーが監督・製作・脚本、「ゲット・アウト」のジョーダン・ピールが製作を手掛けてが映画化。

黒人刑事のロン・ストールワースにはデンゼル・ワシントンの実子のジョン・デヴィッド・ワシントン
白人の同僚刑事フリップ・ジマーマンにはアダム・ドライヴァー
第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞第91回アカデミー賞で作品賞、監督賞、アダム・ドライヴァーが助演男優賞、脚色賞、編集賞、作曲賞の6部門にノミネート



人種差別問題が過熱するアメリカを背景に”KKK”への潜入捜査をコミカルかつ軽快なタッチに、実話である緊張感を交えて描いたリアル・クライム・エンターテインメント。

「ブラック・クランズマン」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です