「午前十時の映画祭9」、1月4日(金)からは”「仕える」という人生”として「日の名残り」、「チャンス」を上映。

Pocket




「午前十時の映画祭9」、1月4日(金)からは“「仕える」という人生”として「日の名残り」「チャンス」を上映。

世界の名作を毎朝10時より上映する「午前十時の映画祭」。9回目を迎える「午前十時の映画祭9」は50週にわたって実施。初めて上映する外国映画18本、日本映画4本、人気作品の再上映は外国映画4本、日本映画1本の合計27本をラインナップ。
あの名作を大スクリーンで楽しむのもいいかも。

「日の名残り」(原題 The Remains of the Day)
Group A: 1月4日(金)~1月17日(木)
Group B: 1月8日(金)~1月31日(木)

カズオ・イシグロのベストセラー小説ジェームズ・アイヴォリー監督アンソニー・ホプキンスエマ・トンプソン共演で映画化した大人の純愛を描いた珠玉の名作。
1994年3月19日(土)公開。
ある侯爵に仕える執事スティーヴンスは、共に屋敷で働く勝気な女性ケントンと対立を繰り返していたが、二人の心には互いへの思慕が芽生えてく…
ジェームズ・アイヴォリー監督が格式を重んじる貴族社会の内実をロマンティックに、そして否定的に描いた珠玉の名作です。

「チャンス」(原題 Being There)
Group B: 1月4日(金)~1月17日(木)
Group A: 1月8日(金)~1月31日(木)

ピーター・セラーズ主演で初老の元庭師の数奇な運命を描いたコミカル・ファンタジー。ハル・アシュビーが監督シャーリー・マクレーンメルヴィン・ダグラスが共演。
1981年1月31日(土)公開。
屋敷から出たことがなかった庭師のチャンスは主人の死によって解雇され、突然外の世界に放り出され、財界の大物ベンジャミンと知り合う…
第52回アカデミー賞でメルヴィン・ダグラスが助演男優賞第37回ゴールデン・グローブ賞でピーター・セラーズがミュージカル・コメディ部門の男優賞、助演男優賞を受賞。
ピンチをチャンスに変えてくれる社会を風刺したコメディ。天真爛漫な庭師を演じるピーター・セラーズの演技が光ります。

詳しくは「午前十時の映画祭9」公式サイトまで。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です