藤沢周平の小説を山田洋次監督が永瀬正敏、松たか子共演で映画化した時代劇「隠し剣 鬼の爪」、NHK BSプレミアムで6月25日(月)放送。

Pocket




藤沢周平の小説山田洋次監督永瀬正敏松たか子共演で映画化した時代劇「隠し剣 鬼の爪」、NHK BSプレミアムで6月25日(月)放送。

山田洋次監督藤沢周平の小説を映画化した時代劇3部作の第2作。永瀬正敏松たか子共演の時代劇「隠し剣 鬼の爪」
2004年10月30日(土)に公開され、興収9億円。
幕末を迎えた頃の東北の小藩の海坂藩を舞台に下級武士の片桐宗蔵と片桐家に奉公に来た娘のきえの切ない恋の行方を描く…

幕末を迎えた頃の東北の小藩の海坂藩。下級武士の片桐宗蔵は奉公人だった娘のきえにひそかな思いを寄せながら、ひっそりと暮らしていた。しかし、かつての友が謀反を起こし、秘伝の剣術を伝授されていた片桐に「謀反人を斬れ」との命が下る…

「たそがれ清兵衛」に続き、山田洋次監督藤沢周平の小説を映画化した時代劇3部作の第2作。剣豪小説「隠し剣」シリーズの「隠し剣鬼ノ爪」と「雪明かり」という2つの短編を映画化。
下級武士の片桐宗蔵には永瀬正敏、奉公に来た娘のきえには松たか子
吉岡秀隆小澤征悦高島礼子緒形拳が共演。

山田洋次監督らしく予定調和なストーリーに勧善懲悪、理想主義を取り入れ、気持ちのいい爽やかさが残る映画です。

★「隠し剣 鬼の爪」
NHK BSプレミアム
6月25日(月)
21:00~23:13



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です