フィリップ・K・ディックの小説をスティーヴン・スピルバーグ監督がトム・クルーズ主演で映画化したSFサスペンス「マイノリティ・リポート」、NHK BSプレミアムで6月4日(月)放送。

Pocket




フィリップ・K・ディックの小説スティーヴン・スピルバーグ監督トム・クルーズ主演で映画化したSFサスペンス「マイノリティ・リポート」、NHK BSプレミアムで6月4日(月)放送。

フィリップ・K・ディックの小説スティーヴン・スピルバーグ監督トム・クルーズ主演で映画化したSFサスペンス「マイノリティ・リポート」(原題 Minority Report)
2002年12月7日(金)に公開され、興収52.4億円。
2054年のワシントンDC。犯罪予防局の刑事ジョン・アンダーソンは予知能力者から犯人と告げられ、予防局に追われる…

2054年のワシントンDCではでは、超能力者の予知により未然に殺人容疑者を逮捕するシステムが稼働していた。ある日犯罪予防局のチーフ、ジョン・アンダートンが”36時間後に見ず知らずの他人を殺害する”と予告され、予防局に追われることになる…

フィリップ・K・ディックの短編「少数報告」(The Minority Report)をスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化。
犯罪予防局の刑事ジョン・アンダーソンにはトム・クルーズ
コリン・ファレルサマンサ・モートンマックス・フォン・シドーほかが共演。
音楽はジョン・ウィリアムズ

原作とはかなり構成が異なっていて、アクション・シーンが追加されていて、スティーヴン・スピルバーグ監督らしい凝ったビジュアルとトム・クルーズならではのアクションが楽しめます。

★「マイノリティ・リポート」(字幕スーパー)
NHK BSプレミアム
6月4日(月)
21:00~23:26



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です