アラン・レネ監督がエマニュエル・リヴァ、岡田英次共演で戦争、原爆がもたらす悲劇を描いた「二十四時間の情事」、NHK BSプレミアムで1月26日(金)放送。

Pocket




アラン・レネ監督エマニュエル・リヴァ岡田英次共演で戦争、原爆がもたらす悲劇を描いた「二十四時間の情事」、NHK BSプレミアムで1月26日(金)放送。

アラン・レネ監督エマニュエル・リヴァ岡田英次共演で戦争、原爆がもたらす悲劇を描いた「二十四時間の情事」(原題 Hiroshima Mon Amour)
1959年6月20日(土)公開。
戦後数年経った広島、戦争中のトラウマを抱えるフランス人女優と日本人建築家との1日限りの情事を描く…

戦後数年経った広島。広島を舞台にした映画の撮影のため広島を訪れたフランス人女優が、日本人の建築技師と知り合い一夜をともにする。つかの間の恋に身をまかせる中で、戦争中愛し合っていたドイツ兵の思い出や忌まわしい体験の記憶にさいなまれていく…

マルグリット・デュラスの小説を自らが脚本を手掛けて巨匠アラン・レネ監督が映画化。
フランス人女優にはエマニュエル・リヴァ、日本人建築家には岡田英次
ステラ・ダサスピエール・バルボーベルナール・フレッソンほかが共演。
第12回カンヌ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞、映画テレビ作家協会賞を受賞。

戦争、原爆がもたらす悲劇、生き残った人間たちの心の傷を独創的な手法で描いたアラン・レネ監督の名作です。

★「二十四時間の情事」(字幕スーパー)
NHK BSプレミアム
1月26日(金)
24:15~25:46



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です