リドリー・スコット監督最新作「悪の法則」からブラッド・ピット、ペネロペ・クルスの特別映像が公開

Pocket

リドリー・スコット監督キャメロン・ディアスブラッド・ピットといった豪華キャスト共演で描いた心理サスペンス「悪の法則」(原題: The Counselor)、11月15日(金)公開。
aku_poster_OL_JPG
ブラッド・ピット、ハビエル・パルデム、ペネロペ・クルスに焦点を当てた本編映像の一部が公開されました。

それぞれ非常に重要な役を演じていて、この映像を見るとさらに本編が楽しみになってきます。
ブラッド・ピット演じる麻薬の仲介人ウェストリー

ハビエル・パルデム演じる主人公カウンセラーの友人の実業家ライナー

ペネロペ・クルス演じるカウンセラーの婚約者ローラ

「グラディエーター」、「エイリアン」の巨匠リドリー・スコット監督がキャメロン・ディアスブラッド・ピットハビエル・バルデムペネロペ・クルスマイケル・ファスベンダーといった豪華俳優陣共演で描く、危ういまでにスキャンダラスで、息をのむほどセクシュアルに観る者を挑発してやまない衝撃の心理サスペンス。

若き有能な弁護士カウンセラーがささいな出来心で裏社会のビジネスに手を染めたことがきっかけで、周囲のセレブリティたちを否応なく危険な事態に巻き込み、彼らの虚飾に満ちた日常を揺るがしていく。
自分たちがこの世の闇に渦巻く”悪の法則”に魅入られ、もはや逃れようのない戦慄の罠に絡め取られてしまったことにまだ気付いていなかった…

若き有能な弁護士カウンセラーにはマイケル・ファスベンダー、婚約者ローラにはペネロペ・クルス、友人の派手好きな実業家ライナーにはハビエル・バルデム、ライナーの同棲相手の元ダンサーノマルキナにはキャメロン・ディアス
そして裏社会に精通する麻薬の仲介人ウェストリーにはブラッド・ピット
「グラディエーター」、「エイリアン」のリドリー・スコットが監督、「血と暴力の国」、「ザ・ロード」などの小説家コーマック・マッカーシーが脚本。

リドリー・スコット監督が豪華俳優共演でどんな映像を見せてくれるのか、今から楽しみです。

「悪の法則」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。