トム・ヒドルストン主演で1950年代アメリカで活躍したカントリー歌手を描いた伝記ドラマ「アイ・ソー・ザ・ライト」、見たいですか?

Pocket




トム・ヒドルストン主演で1950年代アメリカで活躍したカントリー歌手、ハンク・ウィリアムスを描いた伝記ドラマ「アイ・ソー・ザ・ライト」(原題 I Saw the Light)、10月1日(土)公開。
トム・ヒドルストン主演の最新作、見たいですか?
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%82%b6%e3%83%bb%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88
29歳の若さで他界するまでのわずか6年間という短い活動期間ながら、音楽界に多大な影響を与えたカントリー歌手、ハンク・ウィリアムスの功績とその素顔を描く…

1944年、アラバマ州。カントリー歌手のハンクは愛する女性オードリーと結婚するが、オードリーは自身の歌手としての夢を諦めきれず複雑な思いを抱えていた。やがて子供に恵まれたのを機に再び支え合う二人だが、ハンクの音楽活動が順調に進むにつれ、父親が必要な家族との溝は深まり、ハンクは他の女性やアルコールに逃避するようになってしまう…

「ロボコップ」などのプロデューサーとして活躍してきたマーク・エイブラハムが監督・製作を務めて、1950年代アメリカで活躍したカントリー歌手、ハンク・ウィリアムスを描いた伝記ドラマ。
ハンク・ウィリアムスにはトム・ビトルストン
妻のオードリーにはエリザベス・オルセン
i-saw-the-light
ハンク・ウィリアムスの波瀾万丈な半生。彼に扮したトム・ヒドルストンが聴かせる歌声。どんなドラマが展開するのか、楽しみです。

「アイ・ソー・ザ・ライト」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です