9月17日は映画監督のバズ・ラーマンの誕生日。監督作でどの作品が好きですか?

Pocket




9月17日は映画監督のバズ・ラーマンの誕生日。監督作でどの作品が好きですか?
バズ・ラーマン
バズ・ラーマンは1962年9月17日にオーストラリアのニューサウスウェールズ州シドニーで生まれました。
舞台演出家として活躍。
「ロミオ+ジュリエット」で注目を集め、「ムーラン・ルージュ」ゴールデン・グローブ賞コメディ・ミュージカル部門の作品賞を受賞。「オーストラリア」「華麗なるギャツビー」などを監督。

バズ・ラーマンの主な監督作品は次の通りです。
「ロミオ+ジュリエット」(原題 William Shakespeare’s Romeo + Juliet)
ロミオ+ジュリエット
シェイクスピアの古典の名作をレオナルド・ディカプリオクレア・デーンズ共演で現代劇として映画化。
1997年4月19日(土)に公開され、配収6.7億円。
舞台を現代のアメリカに置き換え、いがみ合うモンタギュー家とキャピュレット家をギャングという設定に変更し、対立する一家に生まれた男女の恋の顛末を描く…
レオナルド・ディカプリオが第47回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(男優賞)を受賞。
バズ・ラーマン監督のスピード感あふれる演出の中で、レオナルド・ディカプリオ、クレア・デーンズの2人のピュアな存在が輝いています。

「ムーラン・ルージュ」(原題 Moulin Rouge!)
ムーラン・ルージュ
ユアン・マクレガーニコール・キッドマン共演で花形ダンサーと作家の恋の行方を描いたミュージカル。
2001年11月23日(土)に公開され、興収10.5億円。
フランスのナイトクラブ”ムーラン・ルージュ”を舞台に、貧乏作家のクリスチャンとスターで高級娼婦サティーンが激しい恋に落ちる…
第74回アカデミー賞で美術賞、衣装デザイン賞第59回ゴールデン・グローブ賞コメディ・ミュージカル部門の作品賞、女優賞、音楽賞を受賞。
ニコール・キッドマン、ユアン・マクレガーが自ら歌う曲の数々はビートルズ、エルトン・ジョン、マドンナなど20世紀を代表するポップ・ナンバーがふんだんに使用されていて、バズ・ラーマン監督が絢爛豪華にして幻想的に描きだしたミュージカルの傑作です。

「オーストラリア」(原題 Australia)
オーストラリア
ニコール・キッドマンヒュー・ジャックマン共演で第2次世界大戦下のオーストラリアを舞台に繰り広げられるラブ・ストーリー。
2009年2月28日(土)に公開され、興収5.81億円。
夫を訪ねて未知の地オーストラリアへ乗り込んできた英国貴婦人が粗野なカウボーイとの運命的な出会いや先住民アボリジニとの交流などを通して新たな自分を見出していく…
バズ・ラーマン監督が4年間の構想を経て完成した壮大なドラマ。スピード感あふれる演出と壮大なスケールの映像が堪能できます。

「華麗なるギャツビー」(原題 The Great Gatsby)
華麗なるギャツビー02
F・スコット・フィッツジェラルドの名作をラッパーのジェイ・Zがプロデュース、レオナルド・ディカプリオキャリー・マリガン共演で映画化したラブ・ストーリー。
2013年6月14日(金)公開(金)に公開され、興収11.6億円のヒット。
ジャズと禁酒法の時代である1922年。ニューヨークで毎夜豪華なパーティーを開く大富豪のジェイ・ギャツビー。今では富豪の妻となってしまったデイジーの心を取り戻すため豪華なパーティーを催していた…
第86回アカデミー賞で美術賞、衣装デザイン賞を受賞。
バズ・ラーマン監督らしい独特の映像で、豪華絢爛な衣装とセットはきらびやかで、ジェイ・Zがプロデュースした音楽がさらに豪華に奏でてくれ、レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイアの演技が光ります。

これからもさらなる活躍が期待されるバズ・ラーマン監督。
監督作でどの作品が好きですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です