井上ひさしの戯曲を黒木和雄監督が宮沢りえ、原田芳雄共演で映画化した戦争レクイエム「父と暮せば」、NHK BSプレミアムで9月15日(木)放送。

Pocket




井上ひさしの戯曲黒木和雄監督宮沢りえ原田芳雄共演で映画化した戦争レクイエム「父と暮せば」、NHK BSプレミアムで9月15日(木)放送。
%e7%88%b6%e3%81%a8%e6%9a%ae%e3%81%9b%e3%81%b0
井上ひさしの戯曲黒木和雄監督宮沢りえ原田芳雄共演で映画化した戦争レクイエム「父と暮せば」。
原爆から生き延びた娘と被害に遭い幽霊となった父親のふたりの交流を描いたヒューマン・ドラマ。
2004年7月31日(土)公開。
戦後の広島で、原爆から独り生き残った後ろめたさから自らの幸せを拒否して生きる娘と幽霊となり彼女の恋を懸命に後押しする父との4日間の交流を描く…

広島の原爆投下から3年。図書館に勤める美津江は原爆から自分だけが生き残ったことに負い目を感じて生きていた。図書館で出会った青年・木下に好意を持つが、美津江は恋心を必死で抑えつけていた。そんな美津江の前に、死んだはずの父・竹造が現れる…

黒木和雄監督が「TOMORROW 明日」、「美しい夏キリシマ」に続く戦争レクイエム3部作の完結編として井上ひさしの戯曲を映画化。
原爆で生き残った福吉美津江には宮沢りえ
父の竹造には原田芳雄、木下正には浅野忠信

娘と原爆で亡くなった父親との心温まる交流。原爆のことについて改めて考えさせられます。

★「父と暮せば」
NHK BSプレミアム
9月15日(木)
13:00~14:39



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。