9月13日は映画監督の山田洋次の誕生日。監督作でどの作品が好きですか?

Pocket




9月13日は映画監督の山田洋次の誕生日。監督作でどの作品が好きですか?
山田洋次
山田洋次監督は1931年9月13日に大阪府豊中市で生まれました。
川島雄三、野村芳太郎監督の助監督を経て、1961年に「二階の他人」でデビュー。
1969年「男はつらいよ」を監督し、48作まで続いた国民的人気シリーズに。
1977年「幸福の黄色いハンカチ」では第1回日本アカデミー賞で最優秀作品賞などを受賞。
他にも「学校」シリーズ「たそがれ清兵衛」「武士の一分」「東京家族」などを監督。
2004年に文化功労者、2012年には文化勲章を受賞するなど日本を代表する監督の一人です。

山田洋次監督の代表作は次の通りです。
「男はつらいよ」
男はつらいよ
渥美清主演による”フーテンの寅”こと車寅次郎の大騒動を描いた国民的人気シリーズの第1作。
1969年8月27日(土)に公開され、配収1.1億円のヒット。
中学の時に家を飛び出した車寅次郎は、全国を渡り歩く香具師になった。両親の死を風の便りに知った寅次郎は、故郷・柴又へ久方ぶりの里帰りを果たす…
48作まで製作されたシリーズの原点の第1作。山田洋次監督の描く日本人の心はさすがです。

「幸福の黄色いハンカチ」
幸福の黄色いハンカチ
高倉健主演で刑期を終えた中年男が行きずりの若いカップルとともに妻のもとへ向かう姿を描いたロード・ムービー。
1977年10月1日(土)公開。第1回日本アカデミー賞の最優秀作品賞ほか数多くの映画賞で受賞
失恋のショックで仕事を辞めて北海道へ旅に出た欣也は、同じく傷心の朱美と炭鉱夫を名乗る勇作と知り合う。だが、勇作には秘められた過去があった…
ラストシーンはあまりにも有名ですが、涙せずにはいられない感動作。何度見ても色あせることのない日本映画史に残る不朽の名作です。

「学校」
学校
西田敏行主演で東京の下町にある夜間学校を舞台に様々な境遇の生徒と教師の交流を描いたドラマ。
1993年11月6日(土)に公開され、配収7億円。
東京下町の一角にある夜間学校の教師の黒井は卒業間近の生徒たちに卒業文集のための作文を書かせながら、彼らひとりひとりとの思い出を振り返っていく。そんな折、クラスの一人が死んだという報がもらたされる…
山田洋次監督が15年間温めてきた夜間学校を題材にした企画を映画化したドラマだけあって、様々な境遇の生徒たちと教師との交流を温かく描きながら、現実社会の厳しさや人間への讃歌を奏でた名作です。

続編として1996年「学校Ⅱ」(配収6億円)、1998年「学校Ⅲ」(配収4.3億円)、2000年「十五才 学校Ⅳ」(興収10.5億円)が公開。
十五才 学校Ⅳ

「たそがれ清兵衛」
たそがれ清兵衛
藤沢周平の原作を真田広之主演で映画化した時代劇。
2002年11月2日(土)に公開され、興収16億円のヒット。
国内の数々の賞を独占し、第76回アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた日本映画史に残る時代劇の最高傑作。
幕末に生きた名もない下級武士とその家族の姿を、徹底したリアリズムの中で叙情溢れるタッチで描く…
幸せについてしみじみと考えてしまう、山田洋次監督らしい演出で見せてくれる見応えのある時代劇です。

「武士の一分」
武士の一分
「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」に続く藤沢周平原作時代劇の第3弾木村拓哉主演で役目のため失明した下級武士を支える妻と中間、そして一分を通すため復讐に挑む侍の姿を描く…
2006年12月1日(金)に公開され、興収41.1億円の大ヒット。
藩主の毒見役を務め、食中毒で視力を失った三村新之丞。失意に暮れる夫を献身的に支えていた妻の加世は、今後の相談のため上級武士である島田のもとを訪ねる…
夫婦の愛の物語であり、白刃閃く復讐譚も描かれていて、山田洋次監督らしい作品です。

「東京家族」
東京家族02
小津安二郎監督の傑作「東京物語」をモチーフに現代の東京に生きる家族の姿を描いたドラマ。
2013年1月19日(土)に公開され、興収15.6億円のヒット。
瀬戸内海の小島で暮らす平山周吉と妻のとみこは、子供たちに会うために上京し、長男の家に集った家族は久々に顔を合わせる…
山田洋次監督らしく、優しく、ときには冷淡に現代の日本人の家族の姿を描きだしていて、見終わった後に感動させられつつも、現代の日本人の家族の姿について考えさせられる、そんな作品に仕上がっています。

最新作は「男はつらいよ」シリーズ終了から約20年ぶりに手がけた喜劇「家族はつらいよ」
家族はつらいよ
2016年3月12日(土)公開。
「東京家族」のキャスト8人が再び集結。橋爪功吉行和子西村雅彦夏川結衣ほか共演で現代に生きる平田一家で熟年夫婦の離婚騒動をめぐって織り成される人間模様を描く…
夫と妻の本音と家庭内のあるあるを山田洋次監督が笑いをちりばめながら描いていて、家族の尊さを改めて教えてくれます。

他にも数多くの作品を監督し、日本を代表する監督の一人です。
山田洋次の監督作でどの作品が好きですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です