トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタ共演「サブウェイ123 激突」、テレビ東京で29日(月)放送。

Pocket

デンゼル・ワシントンジョン・トラボルタ共演の「サブウェイ123 激突」、テレビ東京で2月29日(月)放送。
サブウェイ123 激突
トニー・スコット監督デンゼル・ワシントンジョン・トラボルタ共演で描いたクライム・アクション「サブウェイ123 激突」(原題 Taking of Pelham 123)
2009年9月4日(土)に公開され、興収7.66億円のヒット。
ニューヨークの地下鉄をハイジャックした凶悪犯グループと、交渉相手に選ばれた地下鉄職員との間で繰り広げられる緊迫の頭脳戦を描く。

ニューヨークの地下鉄がハイジャックされる。犯人グループのリーダーのライダーは、走行中の電車の1車両だけをジャックし乗客たちを人質にとってしまう。
犯人からの無線連絡を受けた地下鉄職員ガーバーは、言葉だけを武器に、姿の見えない犯人に立ち向かう。59分以内に身代金を用意しろと要求する犯人の真の目的とは…

地下鉄職員ガーバーにはデンゼル・ワシントン、犯人グループのリーダーのライダーにはジョン・トラボルタ
ルイス・ガスマン、ジョン・タトゥーロほかが共演。
1974年の傑作サスペンス「サブウェイ・パニック」をトニー・スコット監督がスタイリッシュにリメイク。

ニューヨークの地下鉄を白昼堂々ハイジャックした凶悪犯と、その交渉相手に指名された地下鉄職員との息詰まる駆け引きの行方を緊迫感溢れるタッチで描かれていて、デンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタの競演は見応えあります。

★「サブウェイ123 激突」(二ヶ国語)
テレビ東京 午後のロードショー
2月29日(月)
13:35~15:35



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です