カテゴリー別アーカイブ: 新作映画紹介(洋画)

イギリスのブッカー賞受賞のペネロピ・フィッツジェラルドの小説をイザベル・コイシェ監督が映画化したドラマ「マイ・ブックショップ」、3月9日(土)から全国順次公開。




イギリスのブッカー賞受賞ペネロピ・フィッツジェラルドの小説イザベル・コイシェ監督エミリー・モーティマー主演で映画化したドラマ「マイ・ブックショップ」(原題 The Bookshop, La libreria)、3月9日(土)からシネスイッチ銀座ほか全国順次公開。

スペインのゴヤ賞で作品賞、監督賞、脚色賞の3部門を受賞。
1959年のイギリスの海岸地方の町で戦争で夫を亡くした女性フローレンスが、亡き夫との夢だった書店を開業しようとする…

1959年、戦争で夫を亡くしたフローレンスは、書店が1軒もないイギリスの田舎町で夫との夢だった書店を開こうとするが、住民たちから不評を買う。ある日、40年も邸宅に引きこもっている読書好きの老紳士ブランディッシュと出会い、書店を軌道に乗せる。そんな中、彼女をよく思わない地元の有力者夫人が書店をつぶそうと画策していた…

イギリスの文学賞ブッカー賞を受賞したペネロピ・フィッツジェラルドの小説「ブックショップ」を「死ぬまでにしたい10のこと」のイザベル・コイシェが監督・脚本を手掛けて映画化。

戦争で夫を亡くしたフローレンスには「レオニー」のエミリー・モーティマー
ビル・ナイパトリシア・クラークソンほかが共演。
スペインの第32回ゴヤ賞で作品賞、監督賞、脚色賞の3部門を受賞

保守的なイギリスの町に小さな変革を起こそうとした女性のささやかな奮闘記。

「マイ・ブックショップ」公式サイト

「マイ・ブックショップ」公開劇場リスト



アナ・ケンドリック、ブレイク・ライヴリー共演、ポール・フェイグ監督のサスペンス「シンプル・フェイバー」、3月8日(金)公開。




ダーシー・ベルの小説ポール・フェイグ監督アナ・ケンドリックブレイク・ライヴリー共演で映画化したサスペンス「シンプル・フェイバー」(原題 A Simple Favor)、3月8日(金)公開。

シングルマザーのステファニーが突如失踪した友人のエミリーの行方を追ううちに、うごめく嫉妬や羨望、女の友情と利害、秘密と過去などが浮かび上がっていく…

ニューヨーク郊外に住むシングルマザーのステファニーは同じクラスに息子を通わせるエミリーと親しくなる。ある日ステファニーは子供を迎えに行ってほしいとエミリーから頼まれるが、そのまま彼女からの連絡が途絶えてしまう…

ダーシー・ベルの小説「ささやかな頼み」を「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」、「ゴーストバスターズ」のポール・フェイグが監督・製作を手掛けて映画化。

シングルマザーのステファニーには「ピッチ・パーフェクト」シリーズのアナ・ケンドリック
友人のエミリーには「ロスト・バケーション」のブレイク・ライヴリー
ヘンリー・ゴールディングリンダ・カーデリニジーン・スマートほかが共演。

二転三転するストーリーにブラックでスパイシーなユーモア満載のサスペンス。

「シンプル・フェイバー」公式サイト

「シンプル・フェイバー」公開劇場リスト



第91回アカデミー賞で長編アニメーション賞受賞!!「スパイダーマン スパイダーバース」、3月8日(金)公開。




異なる次元で活躍するスパイダーマンたちが集められた世界を描いた長編アニメーション「スパイダーマン スパイダーバース」(原題 Spider-Man: Into the Spider-Verse)、3月8日(金)公開。
アカデミー賞賞で長編アニメーション映画賞を受賞。

時空が歪められ、異なる次元で活躍するスパイダーマンたちが集められた世界を舞台に、主人公の少年マイルスがスパイダーマンとして成長していく…

ニューヨークのブルックリンの中学校に通うアフリカ系アメリカ人の父とプエルトリコ人の母を持つ少年マイルス・モラレス。実はスパイダーマンでありながら、自分の能力をコントロールできなかった。ある日、何者かによって時空が歪めらる事態が発生。異なる次元で活躍するスパイダーマンが集まってくる。長年スパイダーマンとして活躍するピーター・パーカーと出会ったマイルスは一人前のスパイダーマンになるための特訓を開始する…

ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマンが監督、「LEGO ムービー」のフィル・ロード&クリストファー・ミラーが製作

中学生のマイルス・モラレス(日本語吹替は小野賢章)。

ピーター・パーカー(日本語吹替は宮野真守)。

女性スパイダーマンのグウェン・ステイシー(日本語吹替は悠木碧)。

第91回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞

第76回ゴールデン・グローブ賞でアニメーション映画賞を受賞。




“全く異なる次元=ユニバース”で活躍する様々なスパイダーマンが集められた世界舞台にした新しいスパイダーマンの成長の物語。

「スパイダーマン スパイダーバース」公式サイト

「スパイダーマン スパイダーバース」公開劇場リスト



クリント・イーストウッド監督・主演でドラッグの伝説の”運び屋”の悲哀を描いた「運び屋」、3月8日(金)公開。




クリント・イーストウッド監督・主演でドラッグの運び屋となった初老の男の悲哀を描いた「運び屋」(原題 The Mule)、3月8日(金)公開。

幾度となく麻薬を運び、巨額の報酬を得ていた伝説の”運び屋”。その男はなんと90歳の老人だった…

金銭苦にあえぐ孤独な90代の老人アール・ストーン。商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけたとき、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。それなら簡単と引き受けたが、それが実はメキシコの麻薬カルテルの「運び屋」だということを彼は知らなかった…

“Mule”とはメキシコで物資輸送の手段として重宝されたラバが転じた”運び屋”を意味するスラング。
2014年にニューヨーク・タイムズ・マガジンに掲載された記事クリント・イーストウッドが監督・主演、「グラン・トリノ」のニック・シェンクが脚本を手掛けて映画化。
孤独な80代の老人アール・ストーンにはクリント・イーストウッド
麻薬取締局の捜査官コリン・ベイツにはブラッドリー・クーパー
「アントマン」シリーズのマイケル・ペーニャローレンス・フィッシュバーンダイアン・ウィーストアンディ・ガルシアほかが共演。



10年ぶりのクリント・イーストウッド監督・主演作。知己を使い、麻薬取締局の捜査をかいくぐり、最年長の”運び屋”となった老人の前代未聞の実話。

「運び屋」公式サイト

「運び屋」公開劇場リスト



サイモン・キンバーグ監督、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー共演で描いた最新作「X-MEN: ダーク・フェニックス」の本予告が公開。




サイモン・キンバーグが監督・脚本ジェームズ・マカヴォイマイケル・ファスベンダーソフィー・ターナー共演で描いた最新作「X-MEN: ダーク・フェニックス」(原題 X-MEN: Dark Phoenix)、6月21日(金)公開。
本予告が公開されましたが、見ましたか?

宇宙でのミッション中に未知の銀河の力を手に入れたジーン・グレイが無限大のパワーを制御できず、次第にその能力が暴走してしまう…

「X-MEN: アポカリプス」の10年後が舞台。念力とテレパシー能力を駆使するジーン・グレイは宇宙でのミッション中に抑え込まれていたもう一つの人格<ダーク・フェニックス>を解き放ってしまう。それは制御不能な最大の悪となり、ジーン自身にもコントロールできず暴走を始め、X-MENの仲間たちの団結だけでなく、地球にも危機が襲いかかる…

X-MENの原点を描いた「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」「X-MEN: フューチャー&パスト」「X-MEN: アポカリプス」に続く4作目。

原作コミックで有名なエピソード“ダーク・フェニックス サーガ”をベースに「X-MEN」シリーズの製作・脚本に携わってきたサイモン・キンバーグが監督・脚本を手掛けて映画化。

プロフェッサーXにはジェームズ・マカヴォイ、マグニートーにはマイケル・ファスベンダー、ジーン・グレイにはソフィー・ターナー、ミスティークにはジェニファー・ローレンス
ビーストにはニコラス・ホルト、サイクロップスにはタイ・シェリダン、ストームにはアレクサンドラ・シップ、ナイトクローラーにはコディ・スミット=マクフィー、クイックシルバーにはエヴァン・ピーターズが続投。
ジェシカ・チャステインが新たに参加。

全米では6月7日(金)、日本では6月21日(金)公開。原作コミックで有名なエピソード”ダーク・フェニックス サーガ”をサイモン・キンバーグ監督がどのように描くのか、楽しみです。

「X-MEN: ダーク・フェニックス」公式サイト



セザール賞で監督賞ほか5部門受賞。アルベール・デュポンテル監督のクライム・ドラマ「天国でまた会おう」、3月1日(金)公開。




アルベール・デュポンテル監督が第1次世界大戦後のフランスで2人の帰還兵が企てた大胆な詐欺事件を描いたクライム・ドラマ「天国でまた会おう」(原題 Au revoir la-haut)、3月1日(金)公開。

セザール賞で監督賞、脚色賞、撮影賞、衣裳デザイン賞、美術賞の5部門受賞。
第1次世界大戦で何もかも失った御曹司のエドゥアールと相棒のアルベールが人生を取り戻すため、国を相手に大胆な詐欺を企てる…

第1次世界大戦の終結目前のフランス。御曹司のエドゥアールは、小心者の簿記係のアルベールの命を助け、顔に重傷を負ってしまう。良家の御曹司で才能あるアーティストであるエドゥアールは家族にも会いたくないと戦死を偽装。戦後、パリに戻った2人は貧しい共同生活をスタートさせる。そんな折、かつて彼らの上官が財を築いていたことを知った2人は前代未聞の詐欺計画を企てる…

「このミステリーがすごい!」大賞、週刊文春ミステリーベスト10など、日本の名だたるブックランキングを受賞したピエール・ルメートルの小説を自身が脚本を手掛け、「ベルニー」のアルベール・デュポンテルが監督・出演・共同脚本を担当して実写映画化。

画家を夢見る御曹司のエドゥアールには「BPM ビート・パー・ミニット」のナウエル・ペレーズ・ビスカヤート
戦場で生き埋めにされたアルベールには監督を務めるアルベール・デュポンテル
「エル ELLE」のロラン・ラフィット、「パリよ、永遠に」のニエル・アレストリュプほかが共演。
第43回セザール賞で監督賞、脚色賞、撮影賞、衣裳デザイン賞、美術賞の5部門受賞。

めくるめく魔術のような映像と先の読めない展開。第一次大戦で死にかけ、壮大な詐欺事件を企てた歳の離れた二人の友情。

「天国でまた会おう」公式サイト

「天国でまた会おう」公開劇場リスト



バート・ランカスターほか豪華俳優陣共演の航空パニックの傑作「大空港」、NHK BSプレミアムで3月1日(金)放送。




バート・ランカスターほか豪華俳優陣共演の航空パニックの傑作「大空港」、NHK BSプレミアムで3月1日(金)放送。

ジョージ・シートンが監督・脚本を手がけ、バート・ランカスターほか豪華俳優陣共演で描いた航空パニックの傑作「大空港」(原題 Airport)
1970年4月18日(土)公開。
満員の旅客機内で緊急事態が発生。極限下の空港で錯綜する人間模様をサスペンス豊かに描く…

記録的な猛吹雪に襲われたシカゴのリンカーン空港で旅客機が着陸に失敗。滑走路を塞いでしまい、空港長のメル・ベイカースフェルドは事故解決のため奔走する。同じ頃、ローマに向けたフライト中の旅客機に爆弾が持ち込まれたという通報が入る。機長は犯人から爆弾を奪おうとするが失敗。爆弾は爆発し、機体に亀裂が入る。旅客機が緊急着陸する先はあの滑走路封鎖中のリンカーン空港だった…

アーサー・ヘイリーのベストセラー小説を「三十四丁目の奇蹟」、「喝采」のジョージ・シートンが監督・脚本を手がけた航空パニックの傑作。
リンカーン空港長のメル・ベイカースフェルドにはバート・ランカスター
ローマ行きの旅客機のバーン・デマレスト機長にはディーン・マーティン
ジーン・セバーグジャクリーン・ビセットジョージ・ケネディヴァン・ヘフリンヘレン・ヘイズモーリン・ステイプルトンバリー・ネルソンダナ・ウインターほかが共演。
第43回アカデミー賞でヘレン・ヘイズ、第28回ゴールデン・グローブ賞でモーリン・ステイプルトンが助演女優賞を受賞。

オールスターキャストによるパニック映画の元祖。未曾有の危機をサスペンス豊かに描いた航空パニックの傑作です。

★「大空港」(字幕スーパー)
NHK BSプレミアム
3月1日(金)
13:00~15:18



アカデミー賞で作品賞ほか3部門受賞。ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ共演のヒューマン・ドラマ「グリーンブック」、3月1日(金)公開。




アカデミー賞で作品賞ほか3部門受賞ピーター・ファレリー監督ヴィゴ・モーテンセンマハーシャラ・アリ共演で黒人ピアニストと用心棒の友情を描いたヒューマン・ドラマ「グリーンブック」(原題 Green Book)、3月1日(金)公開。

アカデミー賞で作品賞、助演男優賞、脚本賞の3部門、ゴールデン・グローブ賞でミュージカル・コメディ部門の作品賞ほか3部門、トロント国際映画祭で観客賞を受賞。
人種差別が根強く残る1962年を舞台に、天才黒人ピアニストのシャーリーが粗野なトニーを用心棒として雇い、アメリカ南部へコンサート・ツアーに出かける…

人種差別が根強く残る1962年。粗野で無教養だけれど人間的魅力に溢れるトニー・リップは、運転手兼用心棒としてインテリな黒人天才ピアニストのドクター・シャーリーと偏見と差別が根強い南部にツアーへと旅立つ。二人の旅の道標となるのは、当時の黒人が安全に旅をするために欠かせない旅行ガイドブック“グリーンブック”だった。

“グリーンブック”とは1936年から1966年まで出版されていた、黒人旅行客を受け入れるレストランやホテルなど、ビジネスやサービス機関のリストが記載された旅行ガイドブック。
「メリーに首ったけ」など数々のコメディ映画を世に送り出してきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリーが監督を務めた実話に基づくヒューマン・ドラマ。

無教養だが愛嬌のあるイタリア系用心棒トニーには「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのヴィゴ・モーテンセン、インテリな黒人天才ピアニストのドクター・シャーリーにはマハーシャラ・アリ
第91回アカデミー賞で作品賞、マハーシャラ・アリが助演男優賞、脚本賞の3部門、第76回ゴールデン・グローブ賞でミュージカル・コメディ部門の作品賞、助演男優賞、脚本賞の3部門、トロント国際映画祭で観客賞ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞で作品賞を受賞。

ガサツなイタリア系用心棒とインテリな黒人天才ピアニストの前途多難な旅。

「グリーンブック」公式サイト

「グリーンブック」公開劇場リスト



ピーター・ジャクソンが製作・脚本を手掛けたSFファンタジー「移動都市 モータル・エンジン」、3月1日(金)公開。




フィリップ・リーヴのデビュー小説ピーター・ジャクソンが製作・脚本を手掛けて映画化したSFファンタジー「移動都市 モータル・エンジン」(原題 Mortal Engines)、3月1日(金)公開。

人々が巨大な移動都市に暮らす世界を舞台に、ある目的のために”ロンドン”に潜入した少女ヘスターが壮絶な闘いに身を投じていく…

たった60分で文明を荒廃させた最終戦争から、数百年後の地球。人々は荒廃した大地をはうようにして進む巨大移動都市に暮らし、ほかの移動都市を取り込み資源を奪いながら生活していた。ある目的を果たすため巨大な移動都市”ロンドン”に潜入した少女ヘスターは孤児の青年トムと出会い、街の強欲な主導者と、地上での生活に戻ろうとする人々との壮絶な闘いに身を投じていく…

イギリスの作家フィリップ・リーヴのデビュー小説「移動都市」を「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソンが製作・脚本、「キング・コング」で第78回アカデミー賞視覚効果賞を受賞したクリスチャン・リヴァーズが長編監督デビュー作として映画化。

移動都市”ロンドン”に潜入した少女ヘスターには「殺意の誓約」のヘラ・ヒルマー
孤児の青年トムにはロバート・シーハン

人と都市を狩る”ロンドン”に隠された秘密とは?「都市が都市を喰う」世界で繰り広げられる壮大なスケールのSFファンタジー。

「移動都市 モータル・エンジン」公式サイト

「移動都市 モータル・エンジン」公開劇場リスト



トム・ホランド主演「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」の特報映2が公開。




「アベンジャーズ/エンドゲーム」の”数分後”からスタートするトム・ホランド主演「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」(原題 Spider-Man: Far From Home)、全米では7月5日(金)、日本では夏公開。

特報映像2が公開されましたが、見ましたか?
「アベンジャーズ/エンドゲーム」の”数分後”から始まるスパイダーマンの新たな物語。「夏休みが、ニック・フューリーに支配される。」

「アベンジャーズ/エンドゲーム」の”数分後”からスタート。学校行事のヨーロッパ旅行に出かけるためスパイダーマンのスーツを自宅に置いておくことにしたピーター・パーカーの前にニック・フューリーが現れ、ピーターは新たな戦いに身を投じる。さらにミステリオも現れる…

2016年公開「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」に初登場したトム・ホランド演じるスパイダーマン。

ジョン・ワッツ監督トム・ホランド主演で描いた新たなスパイダーマンの物語「スパイダーマン:ホームカミング」(原題 Spider-Man: Homecoming)は2017年8月11日(祝・金)に公開され、興収28.0億円。
部活のノリで街を救うヒーロー気取りの15歳のピーター・パーカーがスパイダーマンとなり、アイアンマンに導かれて真のヒーローに成長していく…

2018年「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」でアベンジャーズと共に最凶の敵サノスと戦い、衝撃的な運命をたどったスパイダーマン。

そしてその後を描いた続編「アベンジャーズ/エンドゲーム」、2019年4月26日(金)公開。

その”数分後”からの物語を「スパイダーマン:ホームカミング」に引き続きジョン・ワッツが監督した最新作。
ピーター・パーカーにはトム・ホランド

ニック・フューリーにはサミュエル・L・ジャクソン、マリア・ヒルにはコピー・スマイルダーが登場。
今回新しく登場するミステリオにはジェイク・ギレンホール

ミッシェルにはゼンデイヤ、ネッドにはジェイコブ・バタロン、メイ・パーカーにはマリサ・トメイが引き続き出演。
音楽は前作に引き続きマイケル・ジアッチーノ



「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で初登場、「スパイダーマン:ホームカミング」で真のヒーローに成長、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」でアベンジャーズと共に最凶の敵サノスと戦い、衝撃的な運命をたどったスパイダーマン。その先を描いた続編「アベンジャーズ/エンドゲーム」の”数分後”からスタート。新たなスパイダーマンの戦い。楽しみです。

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」公式サイト