カテゴリー別アーカイブ: その他エンタメ情報

2018年アメリカで最もツイートされた映画のランキング。トップ10のうちどの作品を見ましたか?




2018年アメリカで最もツイートされた映画のランキング。トップ10のうちどの作品を見ましたか?

アメリカで最もツイートされた作品はチャドウィック・ボーズマン主演「ブラックパンサー」。2位は「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」とマーベル映画が独占。
続いて「インクレディブル・ファミリー」「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」「デッドプール2」「Love, サイモン 17歳の告白」“A Wrintle In Time”…2作品が日本未公開。トップ10のうちどの作品を見ましたか?

2018年アメリカで最もツイートされた映画のランキングは次の通りです。
1位「ブラックパンサー」(原題 Black Panther)

ライアン・クーグラー監督チャドウィック・ボーズマン主演でマーベル漆黒の新ヒーローを描いたアクション。マイケル・B・ジョーダン、ルピタ・ニョンゴ共演。
2018年3月1日(木)に公開され、興収14.6億円。
「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」の戦いの後。超文明国ワカンダの国王とブラックパンサーという2つの顔を持つティ・チャラがワカンダの秘密を守るために世界中にスパイを放ち、国内外の敵と戦いを繰り広げる…
アフリカの伝統と最新技術が見事に融合!!魅力あふれるキャスト陣の共演、アフリカの伝統音楽を取り込んだ音楽、スタイリッシュなアクション、最後まで一気に見せるストーリー展開には痺れます。

2位「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(原題 Anvengers: Infinity War)

マーベル・ヒーローが最凶の敵と大激闘!!アンソニー&ジョー・ルッソが監督ロバート・ダウニー・Jr.クリス・エヴァンスほかが共演のシリーズ第3弾。
2018年4月27日(金)に公開され、興収37.3億円。
最凶の敵サノスによって窮地に陥った世界を救うため、前代未聞となる数多くのマーベル・ヒーローたちが立ち向かう”究極の戦い”。
マーベル・ユニバース10周年の集大成。それぞれの活躍がありながらもサノスの圧倒的な強さに追い詰められていくマーベル・ヒーローたち。そして…次回作を期待せざるを得なくなります。

3位「インクレディブル・ファミリー」(原題 Incredibles 2)

ディズニー/ピクサーの大ヒット作「Mr.インクレディブル」の14年ぶりとなる続編。前作に引き続きブラッド・バードが監督
2018年8月1日(水)に公開され、興収48億円。
スーパーパワーを持つMr.インクレディブルことボブと一家は平凡な日常を送っていたが、母ヘレンがヒーロー活動に復帰することになり、ボブは底知れない能力を秘める息子ジャック・ジャックの世話に悪戦苦闘する…
痛快なヒーロー・アクションと子育てのユーモアが両立。痛快なヒーロー・アクションと子育てのユーモアが両立。笑いと驚きに満ちたスーパーヒーロー一家団結アドベンチャーが楽しめます。

4位「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(原題 Star Wars: The Last Jedi)

「LOOPER/ルーパー」のライアン・ジョンソンが監督・脚本デイジー・リドリーアダム・ドライバー共演の新3部作の第2章。
2017年12月15日(金)に公開され、興収75億円。
ファースト・オーダーの猛攻に追い詰められるレジスタンス。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの下で修行を重ねたレイはダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レンとの決戦に挑む…
新世代スター・ウォーズの物語、予測できない(?)展開…賛否両論あふれる作品になってしまいました。

5位「デッドプール2」(原題 Deadpool 2)

ライアン・レイノルズ主演の無責任ヒーローのシリーズ第2弾。「ジョン・ウィック」のデヴィッド・リーチが監督ジョシュ・ブローリンモリーナ・バッカリンT・J・ミラーほかが共演。
2018年6月1日(金)に公開され、興収17.4億円。
未来からやってきたマシーン人間のケーブルから謎の力を秘めた少年を守るため無責任ヒーローのデッドプールが特殊能力を持ったスペシャルチーム”Xフォース”を結成する…
アメコミ史上最悪の無責任ヒーローのさらなる活躍。前作よりもさらに過激にパワーアップした俺ちゃんの活躍。映画ネタやパロディネタも満載。

6位「Love, サイモン 17歳の告白」(原題 Love, Simon)

グレッグ・バーランティ監督ニック・ロビンソン主演でLGBTの男子高校生に悩む17歳の高校生が本当の恋に出会い成長する姿を描いた青春ドラマ。ジェニファー・ガーナージョシュ・デュアメルほかが共演。
日本では劇場未公開。
実はゲイであるという秘密を抱えている男子高校生のサイモンは学校にゲイの同級生がいることを知り、連絡を取ろうとする…
LGBTに悩む男子高校生のサイモンが本当の自分に向き合っていく姿には爽やかな感動と希望をもたらしてくれます。

7位 “A Wrintle In Time” (原題)

マデレーン・ラングルのSF児童小説ディズニーが映像化したファンタジー。「グローリー/明日への行進」のアヴァ・デュヴァーナルが監督ストーム・レイドレヴィ・ミラークリス・パインほかが共演。
日本では劇場未公開。
行方不明の父親を探すためメグ・マーレイと仲間たちが3人の魔女に導びかれ、不思議な五次元世界を冒険する…
日本ではソフト化もされていないため、詳細は不明。

8位 「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(原題 Jurassic World: Fallen Kingdom)

「インポッシブル」のスペイン出身のJ.A.バヨナが監督クリス・プラットブライス・ダラス・ハワード共演のシリーズ最新作。ジェフ・ゴールドブラム共演。
2018年7月13日(金)に公開され、興収80.6億円。
前作から4年後のイスラ・ヌブラル島。島の火山が再び活動を開始、クリスとクレアは島に取り残された恐竜たちを助けに向かう…
壮大なアクション・アドベンチャーに加え、サスペンスドラマの要素も加わり、さらなる「ジュラシック・ワールド」が楽しめます。

9位「クレイジー・リッチ!」(原題 Cray Rich Asians)

ジョン・M・チュウ監督がオール・アジアン・キャストで挑んだシンデレラ・ストーリー。コンスタンス・ウーヘンリー・ゴールディングミシェル・ヨーほかが共演。
2018年9月28日(金)公開。
シンガポールを舞台に恋人がスーパーリッチな一族の御曹司だと知ったレイチェルがセレブな社交界へ足を踏み入れ、”本当の幸せ”を見つけるために奮闘する…
クレイジーなほどゴージャスな世界でアジアNo.1バチェラー(独身男)を巡る女たちのバトル。ミレニアム世代の羨望を投影した恋愛バラエティショーが楽しめます。

10位「シェイプ・オブ・ウォーター」(原題 The Shape of Water)

ギレルモ・デル・トロ監督サリー・ホーキンス主演で描いた種族を超えた愛を描いたファンタジー・ロマンス。
2018年3月1日(木)に公開され、興収7.6億円。
冷戦時代のアメリカを舞台に政府の極秘研究所に勤めるイライザが秘かに運び込まれた不思議な生きものに出会い、惹かれていく…
第90回アカデミー賞で作品賞、監督賞、美術賞、作曲賞の4部門、第75回ゴールデン・グローブ賞で監督賞、作曲賞の2部門、第74回ヴェネチア映画祭で金獅子賞を受賞。
様々な陰謀や差別がうごめく中で繰り広げられる、種族を超えたラブ・ストーリー。独特の映像と世界観で描かれたギレルモ・デル・トロ監督版”美女と野獣”。雨降る中の運河でのラストシーンも印象的でした。
y; encrypted-media” allowfullscreen>
トップ10のうちどの作品を見ましたか?



第76回ゴールデン・グローブ賞発表!!作品賞は「ボヘミアン・ラプソディ」と「グリーンブック」、「グリーンブック」が最多の3部門受賞!!




第76回ゴールデン・グローブ賞発表!!作品賞は「ボヘミアン・ラプソディ」と「グリーンブック」「グリーンブック」が最多の3部門受賞!!

第76回ゴールデン・グローブ賞が1月7日(月)に発表。
作品賞はドラマ部門で「ボヘミアン・ラプソディ」、ミュージカル・コメディ部門で「グリーンブック」が受賞しました。

「ボヘミアン・ラプソディ」がドラマ部門の作品賞、男優賞の2部門受賞。



「グリーンブック」がミュージカル・コメディ部門の作品賞、助演男優賞、脚本賞の最多の3部門受賞。


「ROMA ローマ」が監督賞、外国語映画賞の2部門受賞。


ドラマ部門の男優賞は「ボヘミアン・ラプソディ」のラミ・マレック

ミュージカル・コメディの男優賞は「バイス」のクリスチャン・ベイル

ドラマ部門の女優賞は「天才作家の妻 40年目の真実」のグレン・クローズ

ミュージカル・コメディの女優賞は「女王陛下のお気に入り」のオリヴィア・コールマン

助演男優賞は「グリーンブック」のマハーシャラ・アリ

助演女優賞は「ビール・ストリートの恋人たち」のレジーナ・キング

アニメーション映画賞「スパイダーマン スパイダーバース」

作曲賞「ファースト・マン」のジャスティン・ハーウィッツ

歌曲賞「アリー スター誕生」の”Shallow”

第76回ゴールデン・グローブ賞の受賞リストは次の通りです。
作品賞(ドラマ部門)
「ボヘミアン・ラプソディ」(原題 Bohemian Rhapsody)

作品賞(ミュージカル・コメディ部門)
「グリーンブック」(原題 Green Book)

監督賞
アルフォンソ・キュアロン「ROMA ローマ」

男優賞(ドラマ部門)
ラミ・マレック「ボヘミアン・ラプソディ」

男優賞(ミュージカル・コメディ部門)
クリスチャン・ベイル「バイス」

女優賞(ドラマ部門)
グレン・クローズ 「天才作家の妻 40年目の真実」

女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
オリヴィア・コールマン「女王陛下のお気に入り」

助演男優賞
マハーシャラ・アリ「グリーンブック」

助演女優賞
レジーナ・キング「ビール・ストリートの恋人たち」

脚本賞
ニック・バレロンガ、ブライアン・クリー、ピーター・ファレリー「グリーンブック」

アニメーション映画賞
「スパイダーマン スパイダーバース」

外国語映画賞
「ROMA ローマ」(メキシコ)

作曲賞
ジャスティン・ハーウィッツ 「ファースト・マン」

歌曲賞
「シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」「アリー スター誕生」

ゴールデン・グローブ賞公式USサイト



1月7日はジェレミー・レナーの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?




1月7日はジェレミー・レナーの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?
ジェレミー・レナー
ジェレミー・レナーは1971年1月7日にカリフォルニア州モデストで生まれました。
2000年代から映画の助演を重ねて、知名度を上げ、2009年キャスリン・ビグロー監督「ハート・ロッカー」アカデミー賞主演男優賞にノミネート
その後「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」「アベンジャーズ」にも重要な役割で出演。
「ボーン・レガシー」ではジェイソン・ボーンを凌ぐ暗殺者のアーロン・クロスとして主演してきました。

ジェレミー・レナーの主な出演作品は次の通りです。
「ハート・ロッカー」(原題 The Hurt Locker)
ハート・ロッカー
アカデミー賞6部門受賞キャスリン・ビグロー監督が死と隣り合わせの日常を生きるアメリカ軍爆発物処理班の男たちの姿を力強く描いた戦争ドラマ。
2010年3月6日(金)に公開され、興収9億円。
バグダッド郊外で爆発物処理に従事するブラボー中隊は、殉職した仲間の代わりに新リーダーとしてジェームズ二等軍曹を迎え入れるが…
第82回アカデミー賞で作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、編集賞、音響効果賞、録音賞の6部門を受賞。
ジェレミー・レナーは爆弾処理班班長のウィリアム・ジェームズ二等軍曹を演じ、中隊のルールを無視し、基本的な安全対策もとらず果敢に爆発物を処理していく…第82回アカデミー賞で主演男優賞にノミネート。
破天荒な主人公たち兵士が尋常ならざるプレッシャーに晒されながら爆弾解除に取り組む姿を、徹底したリアリズムで生々しくスリリングに捉えていて、アカデミー賞で6部門受賞も納得させられます。

「ザ・タウン」(原題: The Town)
ザ・タウン
ベン・アフレックが監督・脚本・主演の強盗団とFBIとの攻防を描いたクライム・アクション。
2011年2月5日(金)に公開され、興収2.3億円。
強盗団のリーダーがある女性を愛したばかりに仲間との絆の狭間で葛藤を深めながら、追及の手を緩めないFBIとのスリリングな攻防を緊張感あふれるタッチで描く…
ジェレミー・レナーは強盗団のリーダーのダグの幼馴染で強盗仲間のジェームズ”ジェム”・コフリンを演じ、第83回アカデミー賞、第68回ゴールデン・グローブ賞の助演男優賞にノミネート。
ベン・アフレックが監督・脚本・主演をこなしていて、迫力あふれる怒涛の銃撃戦などベン・アフレックの才能が光るギャング映画の傑作です。

「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」(Mission: Impossible Ghost Protocol)

往年の人気TVシリーズ「スパイ大作戦」をトム・クルーズ主演で映画化したスパイ・アクションシリーズ第4弾。監督はブラッド・バード
2011年12月16日(金)に公開され、興収53億円。
爆弾テロ犯の濡れ衣を着せられたイーサン・ハントとそのチームが、組織の後ろ盾を失いながらも事件の黒幕を突き止めるべく世界を股に過酷なミッションに挑む…
ジェレミー・レナーは分析官ブラントを演じ、謎な部分も見せつつ、イーサン・ハントと対立を見せるなど、トム・クルーズに負けない存在感を見せてくれます。
ghost_protocol_cp_3

2015年8月7日(金)公開のシリーズ第5弾「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」(興収51.2億円)でもブラントとして出演。

「アベンジャーズ」(原題 The Avengers)

マーベル・ヒーロー大集結のアクション大作。ロバート・ダウニー・Jr.クリス・へムズワースクリス・エヴァンスほかが共演。監督はジョス・ウェドン
2012年8月14日(水)に公開され、興収37億円。
アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルクなど特殊な戦闘力を誇る者たちによって編成された「アベンジャーズ」が、アメリカの秘密組織S.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリーの元、地球滅亡の危機を回避するために立ち上がる…
ジェレミー・レナーは2011年「マイティ・ソー」に続き、S.H.I.E.L.D.のエリート・エージェントにして地上最強の射手のホークアイことクリント・バートンを演じ、スーパーヒーローたちに負けない存在感を披露。
アベンジャーズ_ホークアイ

2015年7月4日(土)公開「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(興収32.1億円)。

2016年4月29日(金)公開「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」(興収26億円)。

そして2019年4月26日(金)公開「アベンジャーズ/エンドゲーム」にホークアイとして再び出演。

「ボーン・レガシー」(原題 The Bourne Legacy)
ボーン・レガシー
「ボーン」シリーズの裏で進行していたストーリーをトニー・ギルロイ監督が描いたアクション大作。
2012年9月28日(金)に公開され、興収8.2億円。
「ボーン」シリーズ3作と同じ世界と時系列を舞台に、ジェイソン・ボーンを凌ぐ暗殺者のアーロン・クロスがさらなる激しい戦いに身を投じる…
ジェレミー・レナーはジェイソン・ボーンを凌ぐ暗殺者のアーロン・クロスを演じ、知性だけでなく、肉弾的なアクションも披露。フィリピンのマニラの過密する住宅地域の屋根でのバトルやバイクでのチェイス・シーンなど迫力あふれるアクションが楽しめます。

「アメリカン・ハッスル」(原題 American Hustle)
アメリカン・ハッスル
デヴィッド・O・ラッセル監督クリスチャン・ベイルブラッドリー・クーパーエイミー・アダムス共演で天才詐欺師とFBI捜査官が手を組み挑んだ米国史に残る政治スキャンダルを映画化。
2014年1月31日(金)に公開され、興収3億円。
汚職政治家を捕まえるため、FBI捜査官が協力を依頼したのは”天才詐欺師”という嘘のような実話で、米上院議員と5人の下院議員が汚職で有罪となった米国史に残る政治スキャンダル”アブスキャム事件”を描く…
ジェレミー・レナーはニュージャージー市市長のカーマイン・ボリートを熱演。
実在の詐欺事件に絡む様々な人々の恋愛模様とややこしい人間関係をコミカルに、テンポよく見せてくれ、デヴィッド・O・ラッセル監督ならではの演出で楽しませてくれます。

「メッセージ」(原題 Arrival)

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督エイミー・アダムス共演で異星人とのコンタクトを描いたSFドラマ。
2017年5月19日(金)に公開され、興収6億円。
突如として地球上に降り立った巨大な球体型宇宙船。言語学者のルイーズは謎の知的生命体との意思疎通を図る…
ジェレミー・レナーは物理学者イアンを演じ、言語学者のルイーズとともに謎の知的生命体が人類に何を伝えようとしているのかを探る…
第89回アカデミー賞で音響編集賞を受賞。
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の独特の斬新な映像で描かれる「言語」、「人類愛」など普遍的で深遠なテーマ。感動させられます。

「ウインド・リバー」(原題 Wind River)

「ボーダーライン」の脚本家のテイラー・シェリダンが監督エリザベス・オルセン共演でアメリカの闇を描いたクライム・サスペンス。
2018年7月27日(金)公開。
雪深いネイティブアメリカンの保留地”ウィンド・リバー”で孤高のハンターとFBIの新人女性捜査官が理不尽な殺人事件の真相に迫る…
第69回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」で監督賞を受賞。
保留地で頻発する女性たちの失踪や性犯罪被害にインスパイアされた信じがたい現状を告発。衝撃的なストーリー展開で炙り出したアメリカに渦巻く闇。

今後もさらなる活躍が期待される俳優の一人のジェレミー・レナー。出演作でどの作品が好きですか?



1月5日は宮崎駿の誕生日。監督作でどの作品が好きですか?




1月5日は宮崎駿の誕生日。監督作でどの作品が好きですか?
miyazaki hayao1110
宮崎駿は1941年1月5日に東京市で生まれました。
1978年TVアニメ「未来少年コナン」で事実上の初監督を務め、1979年「ルパン三世 カリオストロの城」で映画作品を初監督。
そして1984年「風の谷のナウシカ」を監督し、1985年にスタジオジブリを創立。
「となりのトトロ」「もののれ姫」「千と千尋の神隠し」「風立ちぬ」などを監督してきました。

宮崎駿の主な監督作品は次の通りです。
「ルパン三世 カリオストロの城」
ルパン三世_カリオストロの城
宮崎駿監督の劇場版映画デビュー作。
1979年12月15日(土)に公開され、配収6.1億円。
ヨーロッパの小国カリオストロ公国を舞台に、ルパン一味と王女クラリスの冒険をアクションたっぷりに描く…
宮崎駿監督の快活な演出により、従来のシリーズとは一味違った恋とロマンの冒険大活劇の傑作、というよりも今や映画史上に残る不滅のアニメーションとして世界的に親しまれている名作です。

「風の谷のナウシカ」
風の谷のナウシカ
宮崎駿が月刊「アニメージュ」に連載の原作をもとに自ら監督・脚本で映画化。
1984年3月11日(土)に公開され、配収7.6億円を挙げるヒット。
最終戦争で壊滅した近未来を舞台に、風の谷の王妃・ナウシカが腐海に征服されようとしている谷を守るため、人々が忌み嫌う王蟲(オーム)と心を通わせ、トルメキア王国の陰謀に立ち向かう姿を描く…
キャラクター、ストーリー、映像、久石譲の音楽…
何度観ても新たな発見と感動を呼び起こしてくれる名作です。

「となりのトトロ」
となりのトトロ02
宮崎駿が監督・脚本・原作を手がけたファンタジー。
1988年4月16日(土)に「火垂るの墓」と併映され、配収5.9億円。
昭和30年代の田舎を舞台に、仲良し姉妹のさつきとめいと、不思議でチャーミングな生き物のトトロとの心温まるふれあいを描く…
かつて豊かだった日本の自然と、それに畏敬の念をもちながら暮らす人々の生き方のすがすがしさ。そんなテーマを夢あふれる作品に仕立てたスタジオジブリの傑作です。

「もののけ姫」
もののけ姫
宮崎駿が監督・脚本・原作を手掛け、森を侵す人間たちと荒ぶる神々との闘いを、日本アニメ史上空前の製作費による壮大なスケールで描いた長編アニメーション。
1997年7月12日(土)に公開され、配収193億円の大ヒット。
人間への怒りと憎しみによってタタリ神と化した猪神から呪いを掛けられてしまったアシタカが、呪いを解くために西の国に訪れる。そこで人の子でありながら山犬に育てられた”もののけ姫”と呼ばれる少女のサンに出会い、数奇な運命に巻き込まれる…
自然と人間の関係をテーマとし続けてきた宮崎駿の集大成的な作品です。

「千と千尋の神隠し」
千と千尋の神隠し
宮崎駿が監督・原作・脚本を手掛け、現代日本を舞台に少女の成長と友愛の物語を描いた”自分探し”の冒険ファンタジー。
2001年7月20日(土)に公開され、興収304億円を挙げ、歴代No.1の大ヒット。
ベルリン国際映画祭金熊賞や第75回アカデミー賞長編アニメーション映画賞を受賞。
わがままで無気力な10歳の女の子の千尋は、不思議な町に迷い込む。謎の少年ハクや河の神などと出会い、様々な経験とふれあいを重ね、徐々に成長していく…
宮崎駿監督が日本に古来から伝わる神話や民話を、現代を生きる少女の成長物語と見事に融合させ、何度見ても色あせることのない名作です。

「風立ちぬ」
風立ちぬ
宮崎駿監督が「月刊モデルグラフィックス」で連載していた漫画を自らが監督・脚本を手掛けたアニメーション。
2013年7月20日(土)に公開され、 興収120億円を挙げ、2013年No.1の大ヒット!!
実在した零戦設計者の堀越二郎と文学者の堀辰雄をモデルニ1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年技術者の堀越二郎の人生を描く…
ニューヨーク批評家協会賞、ナショナル・ボード・オブ・レビューでアニメーション賞を受賞。
宮崎駿が描く空への憧れと大人の恋物語。宮崎駿監督の最高傑作ではないかと思えるくらいの作品で、深く感動させられました。久石譲の優しい調べと荒井由美の「ひこうき雲」がさらに感動を誘います。

2012年には文化功労者に選ばれ、2014年には第87回アカデミー賞で名誉賞を受賞。監督作でどの作品が好きですか?



平成元年(1989年)映画配給収入ランキング。トップ10でどの作品を見ましたか?




平成元年(1989年)映画配給収入ランキング。トップ10でどの作品を見ましたか?

1位はスティーヴン・スピルバーグ監督、ハリソン・フォード主演「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」の44億円。
2位はダスティン・ホフマン、トム・クルーズ共演「レインマン」の26億円、続いて「魔女の宅急便」の21.5億円、「ドラえもん のび太の日本誕生」の20.2億円、「カクテル」の17.5億円、「ロジャー・ラビット」の14.5億円…トップ10でどの作品を見ましたか?

平成元年(1989年)映画配給収入ランキングのトップ10は次の通りです。
1位「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」(原題 Indiana Jones and the Last Crusade)

スティーヴン・スピルバーグ監督ハリソン・フォード主演のシリーズ第3弾。ショーン・コネリーリヴァー・フェニックスほかが共演。
1989年7月8日(土)に公開され、配収44億円。
キリストの血を受けたと言われる伝説の聖杯を巡って、インディが父・ヘンリーと共に大冒険を繰り広げる…
ハリソン・フォード演じるインディアナ・ジョーンズの伝説の聖杯を巡っての冒険は思いっきり楽しめ、父を演じるショーン・コネリーと少年時代を演じるリヴァー・フェニックスの共演。さらに楽しみが増します。

2位「レインマン」(原題 Rainman)

バリー・レヴィンソン監督ダスティン・ホフマントム・クルーズ共演で描いた珠玉のロード・ムービー。
1989年2月25日(土)に公開され、配収26億円。
父の死をきっかけに再会した自閉症の兄のレイモンドと自由奔放な弟チャーリー。それまでまったく別々の道を歩んできた二人が、一緒に旅する中で心の交流を重ね、兄弟の絆を取り戻していく…
第61回アカデミー賞で作品賞、監督賞、ダスティン・ホフマンが主演男優賞、脚本賞の4部門、第41回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の作品賞、主演男優賞を受賞。
二人の兄弟が徐々に心を通わせていく姿は何度見ても感動させてくれる名作です。

3位「魔女の宅急便」

角野栄子の児童書宮崎駿が監督・脚本・製作を手掛けて映画化、魔女の少女キキの成長を描いたファンタジー。
1989年7月29日(土)に公開され、配収21.5億円。
13歳の魔女のキキの修行の旅とそこで出会う人々との交流を描く…
13歳の小さな魔女キキが大人への第1歩を踏み出す瞬間を描いた成長物語。宮崎駿監督がすべてのがんばる人に贈る応援歌です。

4位「ドラえもん のび太の日本誕生」

ドラえもんたちが7万年前の日本を舞台に大冒険を繰り広げる「ドラえもん」映画シリーズ第10作。「ドラえもん」シリーズの芝山努が監督。
1989年3月11日(土)に公開され、配収20.2億円。
7万年前の日本に家出したのび太やドラえもんたちはヒカリ族の少年を助けて精霊王ギガゾンビに立ち向かう…
「ドラえもん」映画シリーズの中でも名作中の名作で、2016年にはリメイク版が製作。

5位「カクテル」(原題 Cocktail)

ロジャー・ドナルドソン監督トム・クルーズ主演で一攫千金を夢見るバーテンダーを描いた青春映画。
1989年3月25日(土)に公開され、配収17.5億円。
野望を抱きニューヨークにやってきた若き青年のブライアンが挫折を乗り越え、真実の愛をつかむまでを描く…
カクテルを作るパフォーマンスを披露するトム・クルーズの瑞々しい演技。ビーチ・ボーイズやボビー・マクファーリン、ザ・ジョージア・サテライツの音楽も大ヒット!!

6位「ロジャー・ラビット」(原題 Who Framed Roger Rabbit)

ロバート・ゼメキス監督ボブ・ホプキンス主演で実写とアニメを融合させたハードボイルド・ファンタジー。
1988年12月3日(土)に公開され、配収14.5億円。
アニメーションのキャラクターが現実世界の人間と共に生活を送る戦後まもないハリウッドを舞台に漫画の町”トゥーン・タウン”の利権をめぐる殺人事件をミステリー・タッチで描く…
第61回アカデミー賞で視覚効果賞、音響効果編集賞、編集賞の3部門を受賞。
ロバート・ゼメキス監督ならではの映画へのこだわりセンスが随所に見られ、人間とアニメのキャラクターの夢の共演というアイデアを実現。

7位「ブラック・レイン」(原題 Black Rain)

リドリー・スコット監督マイケル・ダグラス高倉健松田優作共演で日米の刑事の活躍と友情の絆を描いたポリス・アクション。
1989年10月7日(土)に公開され、配収13.5億円。
NYで起きた殺人事件の犯人の佐藤を逮捕したニックとチャーリーは、大阪へ護送中に佐藤を取り逃がしてしまう…
リドリー・スコットらしい映像で、大阪の街を舞台に日米の刑事たちが協力してヤクザと戦う物語を描いていて、高倉健、松田優作ほか豪華な日本人キャストでも話題になった作品です。

8位「男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日」

山田洋次監督渥美清主演の「男はつらいよ」シリーズ第40作。マドンナは三田佳子
1988年12月24日(土)に公開され、配収12.5億円。
寅次郎は信州で女医の真知子にひと目惚れ。柴又に戻った寅次郎は大学に通う彼女の姪を訪ね、真知子と再会する…
「”愛してる”なんてカンチューハイ2本で言えるならこんなに苦労しねってことよ。」俵万智の歌集「サラダ記念日」の世界を反映した「男はつらいよ」のドタバタが楽しめます。

9位「ツインズ」(原題 Twins)

アイヴァン・ライトマン監督アーノルド・シュワルツェネッガー、ダニー・デヴィート共演で兄弟の絆を描いたコメディ。
1989年8月5日(土)に公開され、配収12.4億円。
人工授精によって生まれた双子の兄弟のジュリアスとヴィンセントが35年ぶりに再会を果たし、母親探しの旅へ出掛ける…
アーノルド・シュワルツェネッガーが本格的なコメディに初挑戦し、パーフェクトな子供として生まれたジュリアスを感情豊かに演じ、ステップアップを図った記念すべき作品です。

10位「星の王子 ニューヨークへ行く」(原題 Coming to America)

ジョン・ランディス監督エディ・マーフィ主演でアフリカの王子がニューヨークで繰り広げる騒動を描いたコメディ。
1988年12月17日(土)に公開され、配収12.1億円。
ザムンダ王国の王子のアキームは自分で理想の花嫁を探すために側近を連れて大都会ニューヨークへとやってくる…
エディ・マーフィは特殊メイクを駆使して一人4役を演じていて、マシンガン・トークが冴え渡ります。

トップ10でどの作品を見ましたか?



2019年は亥年。イノシシ、ブタが登場する映画でどの作品が好きですか?




2019年は亥年。イノシシ、ブタが登場する映画でどの作品が好きですか?

2019年は亥年。
イノシシが登場する映画としてはディズニー・アニメ「ライオン・キング」、宮崎駿監督「もののけ姫」。ブタが登場する映画としては宮崎駿監督「紅の豚」、ジョージ・ミラー製作「ベイブ」、妻夫木聡主演「ブタがいた教室」、イルミネーション・エンターテインメント「SING/シング」など。どの作品が好きですか?

「紅の豚」

宮崎駿監督・脚本・原作でブタになってしまった中年パイロットの活躍を描いた冒険ファンタジー。
1992年7月18日(土)に公開され、配収28億円。
声の出演は森山周一郎、加藤登紀子ほか。豚になったパイロットが空を駆ける!飛行艇に熱い情熱を捧げた一人の豚のポルコ・ロッソの夢とロマン…
豚になったパイロットのポルコ・ロッソことマルコ・パゴットが紅の翼の飛行艇を乗りこなし、空賊相手の賞金稼ぎをする…
宮崎駿監督が大空へのロマンをこめて作り上げた名作。何度見ても勇気をもらえます。「飛ばねぇ豚はただの豚だ」。名セリフです…

「ライオン・キング」(原題 The Lion King)

ディズニー32作目の長篇アニメーションロブ・ミンコフ、ロジャー・アレーズが監督を手掛けた“家族”そして“生命”への限りない愛を壮大なスケールで描いたアニメーション。
1994年7月23日(土)に公開され、配収19.6億円。
アフリカの大自然でジャングルの王子として生まれたライオンのシンバが様々な冒険を通し命の大切さや愛、責任に気付き、成長していく…
イボイノシシのプンバァはミーアキャットのティモンとともに若きシンバを助け、”ハクナ・マタタ”な自由気ままな生活を楽しむ…

第67回米アカデミー賞で最優秀主題歌賞、最優秀オリジナル作曲賞を受賞。
“サークル・オブ・ライフ”という壮大なテーマを、美しい映像と音楽でユーモアを交えて描いた名作です。

「ベイブ」(原題 Babe)

イギリスの童話作家ディック・キング・スミスの童話を「マッドマックス」シリーズのジョージ・ミラーが製作・脚本クリス・ヌーナンが監督を手掛けて映画化。世界一の牧羊豚を目指す子ブタのベイブの活躍を描いたファンタジー・コメディ。
1996年3月9日(土)に公開され、配収12.5億円。
世界一の牧羊犬ならぬ牧羊豚になることを夢見る子ブタの愛と勇気と挑戦を描く…
ホゲットおじさんの牧場にやって来た子ブタのベイブは牧羊犬のフライと羊たちの見張りをすることになる…
500匹にも上る本物とSFXを巧みに組み合わせた動物たちのリアルな”演技”。牧羊豚になることを夢見る子ブタの愛と勇気と挑戦。感動させてくれます。

続編としてジョージ・ミラーが監督・製作・脚本「ベイブ 都へ行く」(原題 Babe: Pig in the City)が1999年3月6日(土)に公開され、配収2億円。

「もののけ姫」

宮崎駿が監督・脚本・原作を手掛け、荒ぶる神々と人間の戦いを描いたアニメーション。
1997年7月12日(土)に公開され、配収193億円。
森を侵す人間たちと荒ぶる神々との闘いを日本アニメ史上空前の製作費による壮大なスケールで描く…
猪神のナゴの守がタタリ神となって彷徨い、アシタカに死の呪いをかけることになる…

自然と人間の関係をテーマとし続けてきた宮崎駿の集大成的な作品で、壮大なスケールの映像には圧倒させられます。

「ブタがいた教室」

センセーショナルな内容で賛否両論を巻き起こした実話を前田哲監督妻夫木聡主演で映画化したドラマ。
2008年11月1日(土)公開。
1年後に食べるという約束でブタを飼い始めた星先生と6年2組の生徒たち。だがPちゃんと名付けて世話をするうち、生徒たちの胸にさまざまな感情が芽生え始める…
黒田先生の「命の授業」の実践が忠実に再現されていて、様々なことを考えさせられます。

「SING/シング」(原題 Sing)

「ミニオンズ」のイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオがタッグを組んだミュージカル・アニメーション。「銀河ヒッチハイク・ガイド」のガース・ジェニングスが監督
2016年3月17日(金)に公開され、興収51.1億円。
劇場に活気を取り戻すために開かれた歌唱コンテストで個性的な動物たちがレディー・ガガ、ビートルズ、フランク・シナトラなど思い思いの歌を披露していく…
陽気なシンガーでダンサーのブタのグンターと子ブタの世話に追われるブタの主婦のロジータたちが人生を変えるチャンスをつかむためにオーディションに参加する…
レディー・ガガの「バッド・ロマンス」、ザ・ビートルズの「ゴールデン・スランバー」など誰もが聴いたことがあるヒットソングや名曲が彩る愛とユーモアたっぷりのストーリー。音楽が元気を与えてくれるビタミン映画です。

イノシシ、ブタが登場する映画でどの作品が好きですか?



2018年の締めくくりは「私をスキーに連れてって」から松任谷由実の「A HAPPY NEW YEAR」!!




2018年の締めくくりは「私をスキーに連れてって」から松任谷由実「A HAPPY NEW YEAR」!!
私をスキーに連れてって
ホイチョイ・プロダクションズ原作馬場康夫監督原田知世主演で”スキー”をモチーフに描いた青春ムービー「私をスキーに連れてって」
1987年11月21日(土)公開。
クリスマス・イヴのゲレンデで出会った男女の恋の軌跡を”スキー”をモチーフにハートフルに描く…

スキー・ブームの火付け役にもなった作品です。
志賀高原、アマチュア無線機、スキーのトレイン走行なども大流行!!
志賀高原にスキーに行き、真似しまくったものです。

松任谷由実の「A HAPPY NEW YEAR」のメロディーに乗って、大晦日に三上博史演じる矢野が原田知世演じる池上に会いに行き、二人で新年を迎える…

A Happy New Yar♪
今日の日はああどこから来るの♪
陽気な人ごみにまぎれて消えるの♪
こうしてもうひとつ年をとり♪
あなたを愛したい ずっと ずっと♪

今年もたくさんいいことが♪
あなたにあるように いつも いつも♪

2019年もたくさんいいことがありますように。



12月31日は「ニューイヤーズ・イブ」。様々な映画の新年のカウントダウンを集めた動画。どの作品のどのシーンかわかりますか?




12月31日は「ニューイヤーズ・イブ」。様々な作品の新年のカウントダウンを集めた動画が登場!!
どの作品のどのシーンかわかりますか?

12月31日の大晦日の一日を描いた作品といえば、ゲイリー・マーシャル監督「ニューイヤーズ・イブ」(原題 New Year’s Eve)!
ニューイヤーズ・イブ
2011年12月11日(金)に公開され、興収6.27億円。
「プリティ・ウーマン」のゲイリー・マーシャル監督が豪華俳優を迎えて贈る大晦日のニューヨークで失くした絆を取り戻そうとする8組の人々に起きる再生と希望の物語。

一年で最も煌びやかになる街、大晦日のニューヨーク。
タイムズ・スクエアでのボール・ドロップのイベント、カウントダウン・パーティ、そして生と死を分かつ病院を中心に様々な人々の大晦日の一日を描く…

ハル・ベリージェシカ・ビールジョン・ボン・ジョヴィロバート・デ・ニーロサラ・ジェシカ・パーカーミシェル・ファイファーヒラリー・スワンクザック・エフロン、アビゲイル・ブレスリン、ジョシュ・デュアメル、キャサリン・ハイグル、アシュトン・カッチャー、リー・ミッシェル、という豪華な俳優陣が出演。
「プリティ・ウーマン」、「バレンタインデー」のゲイリー・マーシャルが監督

新年のカウントダウンに向けたそれぞれの人生模様は新年のカウントダウンのイベントのようで、エンドクレジットで”Raise Your Glass”のメロディに乗せてザック・エフロンとミシェル・ファイファーほかキャスト陣がダンスするシーンは”Happy New Year”な幸せな気持ちにさせてくれます。



2018年マイベスト映画 邦画編。2018年マイベスト邦画はどの作品ですか?




2018年マイベスト映画 邦画編。2018年マイベスト邦画はどの作品ですか?

2018年邦画マイベスト10。1位は黒木華、樹木希林共演「日日是好日」。「日日是好日」という言葉をかみしめたくなる、そんな作品です。
2位は長瀬智也、ディーン・フジオカ共演「空飛ぶタイヤ」。続いて是枝裕和監督「万引き家族」「ちはやふる 結び」「祈りの幕が下りる時」「50回目のファーストキス」

2018年邦画マイベスト10は次の通りです。
1位「日日是好日」

茶道教室に通った約25年について記した森下典子のエッセイ大森立嗣監督黒木華多部未華子樹木希林共演で映画化したヒューマン・ドラマ。
10月13日(土)に公開され、興収11.6億円。
母親の勧めで茶道教室へ通うことになった大学生の典子がタダモノではないとうわさの武田のおばさんの指導を受け、茶道の奥深さに触れ、成長していく…
「日日是好日」という言葉をかみしめていく美しき時の流れ。内なる自由と生きる喜び、そしてかけがえのない”今”を描く物語。「お茶の先生」を演じた樹木希林の演技が愛おしくなる一期一会の物語。

2位「空飛ぶタイヤ」

池井戸潤のベストセラー小説本木克英監督長瀬智也ディーン・フジオカ高橋一生共演で映画化した社会派ドラマ。
6月15日(金)に公開され、興収16.7億円。
ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長が無実を信じ、大企業に対して調査を開始する…
「下町ロケット」、「陸王」の池井戸潤のベストセラー小説を映画化した世紀の大逆転エンタテイント。企業の隠蔽や圧力など今の時代を反映していて、最後まで楽しめます。岸部一徳は出てくるだけで腹が立ってきますww

3位「万引き家族」

是枝裕和が監督・原案・脚本・編集を手掛け、リリー・フランキー樹木希林安藤サクラ松岡茉優共演で家族を超えた絆を描いたドラマ。
6月8日(金)に公開され、興収45.3億円。
東京の下町で、生計を立てるため家族ぐるみで軽犯罪を重ねる柴田治とその家族の絆を描く…
第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のバルム・ドールを受賞。
是枝裕和監督が「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語っているだけに様々な差別について、そして冒頭の違和感を感じさせる家族関係の理由がわかったとき本当に大切な家族の絆のことについて考えさせられます。

4位「ちはやふる 結び」

末次由紀の大人気コミック小泉徳宏監督広瀬すず野村周平共演で実写映画化した完結編。新田真剣佑上白石萌音松岡茉優賀来賢人ほかが共演。
3月17日(土)に公開され、興収17億円。
前作から2年後、高校3年生となった千早たちが高校最後の全国大会を目指す、瑞沢高校競技かるた部の忘れられない夏を描く…
それぞれの未来に向かって動き出す幼なじみ3人の運命。競技かるたに打ち込む熱く瑞々しい想いがストレートに伝わってきて、時を超えた言の葉の想いには感動させられます。

5位「祈りの幕が下りる時」

東野圭吾の人気ミステリー小説阿部寛主演で映像化した「新参者」シリーズの完結編。「半沢直樹」の演出の福澤克雄が監督松嶋菜々子溝端淳平山崎努田中麗奈ほかが共演。
1月27日(土)に公開され、興収16億円。
謎に包まれた殺人事件の捜査線上にある女性演出家が浮上したことで刑事の加賀恭一郎の母が失踪した理由や父との不和、加賀自身の過去が明かされる…
父との確執、そして母の失踪。加賀自身における最大の謎。「新参者」シリーズの完結編にふさわしいミステリーが楽しめます。

6位「50回目のファーストキス」

2004年のハリウッド映画「50回目のファースト・キス」福田雄一監督山田孝之長澤まさみ共演でリメイクしたラブ・ストーリー。
6月1日(金)に公開され、興収12億円。
ハワイのオアフ島を舞台にプレイボーイの大輔と新たな記憶を一夜で失ってしまう瑠衣。偶然の出会いを一生に一度の運命の恋にしたふたりの純愛を描く…
福田雄一監督が福田組の俳優陣とタッグを組んだラブ・ストーリー。ハリウッド版のリメイクなのに、福田雄一監督ならではの笑いのエッセンスを取り込んだ純愛。笑わせられながらも感動させてくれます。

7位「来る」

「第22回日本ホラー大賞」で大賞に輝いた澤村伊智の小説中島哲也監督岡田准一主演で映画化したホラー。妻夫木聡黒木華小松菜奈松たか子ほかが共演。
12月7日(金)に公開され、興収5.6億円突破。
愛する妻と結婚した田原のもとに現れた謎の訪問者を巡り、フリーライターの野崎と恋人が惨劇に巻き込まれていく…
得体の知れない”あれ”が迫り来る恐怖。全篇に漂う怪しい雰囲気をそのままに中島哲也監督らしいスタイリッシュな映像美。松たか子の鬼気迫る演技には圧倒させられます。

8位「今夜、ロマンス劇場で」

武内英樹監督綾瀬はるか坂口健太郎共演でモノクロ映画のヒロインと映画監督を夢見る青年の恋物語を描いたファンタスティック・ラブ・ストーリー。
2月10日(土)に公開され、興収10億円。
映画監督を夢見る青年の前にモノクロ映画のヒロインが現れ、2人は次第に惹かれあっていく…
映画愛があふれていて、お転婆なお姫さまを快演する綾瀬はるかの魅力が詰まっています。

9位「コーヒーが冷めないうちに」

「本屋大賞2017」にノミネートされた川口俊和のベストセラー小説有村架純主演で映画化したヒューマン・ドラマ。TVドラマ「アンナチュラル」の演出を担当した塚原あゆ子が監督伊藤健太郎波瑠薬師丸ひろ子吉田羊ほかが共演。
9月21日(金)に公開され、興収14.5億円。
望み通りの過去に戻れる席がある喫茶店「フニクリフニクラ」に噂を聞きつけた事情を抱える人々が訪れ、自分自身の秘められた過去に向き合っていく…
誰もが一度は経験のある「もしも、あの時に戻ることができたら…」という”後悔”の思い。過去に戻ることのできるあたたかく、不思議な喫茶店を舞台に描かれる不思議な人間模様。

10位「銀魂2 掟は破るためにこそある」

空知英秋の人気コミック福田雄一が監督・脚本小栗旬主演で映画化したSF時代劇の第2弾。菅田将暉、橋本環奈共演。今回新しく堤真一、三浦春馬、勝地涼、夏菜、窪田正孝が出演。
8月17日(金)に公開され、興収36.6億円。
「銀魂」史上最もアツい”真選組動乱篇”、そして隠れ人気キャラで最も笑える”将ちゃん”こと江戸幕府第14代征夷大将軍が登場する”将軍接待篇”を融合。
SFと時代劇がミックスされたぶっ飛んだ世界観と福田雄一監督ならではのパロディとアドリブが上乗せされた全く新しいジャンルの映画がさらにパワーアップ。進化しまくった福田雄一ワールドの「銀魂」。笑わせてくれます。

2018年マイベスト邦画はどの作品ですか?



2018年マイベスト映画 洋画編。2018年マイベスト洋画はどの作品ですか?




2018年マイベスト映画。2018年マイベスト洋画はどの作品ですか?

2018年洋画マイベスト10。1位はスティーヴン・チョボウスキー監督「ワンダー 君は太陽」。暖かく優しい気持ちにさせてくれました。2位は”クイーン”のフレディ・マーキュリーの軌跡を描いた「ボヘミアン・ラプソディ」。続いて「シェイプ・オブ・ウォーター」「グレイテスト・ショーマン」「レディ・プレイヤー1」「search サーチ」…2018年マイベスト洋画はどの作品ですか?

2018年洋画マイベスト10は次の通りです。
1位「ワンダー 君は太陽」(原題 Wonder)

R・J・パラシオのベストセラー小説スティーヴン・チョボウスキー監督が映画化した先天性の障害がある少年のワンダーな心の旅。ジェイコブ・トレンブレイジュリア・ロバーツオーウェン・ウィルソンほかが共演。
6月15日(金)公開。
「僕は10歳、普通の子じゃない」オギーが初めて学校へ行ったその日から始まった、彼と家族のワンダーな心の旅…
くじけそうになりながらも前に進もうとする”普通じゃない”オギーを支える家族と周りの人々の優しい眼差し。彼と家族のワンダーな心の旅を見ているともっともっと暖かく優しい気持ちにさせてくれ、勇気が湧いてきます。

2位 「ボヘミアン・ラプソディ」(原題 Bohemian Rhapsody)

伝説的ロックバンドの”クイーン”のフレディ・マーキュリーの軌跡を描いた伝記映画。ラミ・マレック主演、ブライアン・シンガーが監督。
11月9日(金)に公開され、興収65億円突破。
1991年にこの世を去ったフレディ・マーキュリーがいかに世間の固定観念や従来の音楽を打ち破り、”史上最高のエンタテイナー”と呼ばれるに至ったのか…
「ボヘミアン・ラプソディ」、「伝説のチャンピオン」、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」など32の名曲とともに繰り広げられる”クイーン”の華やかな活躍の裏にある知られざるストーリー。「ライヴ・エイド」でクイーンが歌うシーンでは感動もMAXです。

3位「シェイプ・オブ・ウォーター」(原題 The Shape of Water)

ギレルモ・デル・トロ監督サリー・ホーキンス主演で描いた種族を超えた愛を描いたファンタジー・ロマンス。
3月1日(木)に公開され、興収7.6億円。
冷戦時代のアメリカを舞台に政府の極秘研究所に勤めるイライザが秘かに運び込まれた不思議な生きものに出会い、惹かれていく…
第90回アカデミー賞で作品賞、監督賞、美術賞、作曲賞の4部門、第75回ゴールデン・グローブ賞で監督賞、作曲賞の2部門、第74回ヴェネチア映画祭で金獅子賞を受賞。
様々な陰謀や差別がうごめく中で繰り広げられる、種族を超えたラブ・ストーリー。独特の映像と世界観で描かれたギレルモ・デル・トロ監督版”美女と野獣”。雨降る中の運河でのラストシーンも印象的でした。

4位「グレイテスト・ショーマン」(原題 The Greatest Showman)

「地上でもっとも偉大なショウマン」と呼ばれた実在の興行師バーナムの生涯マイケル・グレイシー監督ヒュー・ジャックマン主演で映画化したミュージカル・エンタテイメント。
2月16日(金)に公開され、興収52億円。
空想家のP・T・バーナムが妻の愛や仲間の友情を原動力にアイデアと野心でショウビジネスを立ち上げ、世界中でセンセーションを巻き起こしていく…
第75回ゴールデン・グローブ賞で”This Is Me”が歌曲賞を受賞。
ヒュー・ジャックマン演じるバーナムの生きざまを通して逆境に負けない力、自分を信じ続ける勇気、仲間の絆の大切さを教えてくれます。”This Is Me”の力強さには奮い立たされます。

5位「レディ・プレイヤー1」(原題 Ready Player One)

スティーヴン・スピルバーグ監督がヴァーチャル・リアリティの世界を描いたSFアドベンチャー。
4月20日(金)に公開され、興収25億円。
荒廃した近未来を舞台に青年ウェイド・ワッツがVR<ヴァーチャル・リアリティ>ワールド「オアシス」のどこかに眠るという”宝の卵”を見つけるべくトレジャー・ハンティングに挑む…
「AKIRA」の金田バイク、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのデロリアン、「機動戦士ガンダム」のRX-78 ガンダムといったキャラクターが続々と登場。おもちゃ箱をひっくり返したようなワクワクするVRワールドで繰り広げられる冒険が楽しめます。

6位「search サーチ」(原題 Searching)

ジョン・チョー主演、パソコン画面の映像ですべてのストーリーが展開するサスペンス・スリラー。Googleグラスだけで撮影したYouTube動画で注目を集めたアニーシュ・チャガンティが監督・脚本
10月26日(金)され、興収1.7億円。
失踪した16歳の娘を捜すために父親のデヴィッドは娘のPCにログインして、SNSにアクセスを試みるが、彼が見たのは、自分が知らなかった娘の一面だった…
物語がすべてPCの画面で展開していく斬新なアイディアと巧みなストーリーテリング。最後までワクワクさせてくれます。

7位「シュガー・ラッシュ オンライン」(原題 Ralph Breaks the Internet)

ゲームのプリンセスと悪役キャラがインターネットの世界を舞台に冒険を繰り広げるディズニー・アニメの続編。前作「シュガー・ラッシュ」のリッチ・ムーアとフィル・ジョンストンが監督
12月21日(金)され、興収7.9億円突破。
アーケードゲームの好奇心旺盛なレーサーでプリンセスのヴァネロペと心優しい悪役キャラクターのラルフがインターネットの世界に入り込み、大冒険を繰り広げる…
ネットショップやSNSのビルが立ち並ぶ広大なインターネットの世界でヴァネロペとラルフが繰り広げる冒険と友情の危機。インターネットの世界をディズニーならではの世界観で表現されていて、あまりにも深い表現力にはうならせられ、ヴァネロペとラルフの新しい次元の友情には感動させられます。

8位「ブラックパンサー」(原題 Black Panther)

ライアン・クーグラー監督チャドウィック・ボーズマン主演でマーベル漆黒の新ヒーローを描いたアクション。マイケル・B・ジョーダン、ルピタ・ニョンゴ共演。
3月1日(木)に公開され、興収14.6億円。
「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」の戦いの後。超文明国ワカンダの国王とブラックパンサーという2つの顔を持つティ・チャラがワカンダの秘密を守るために世界中にスパイを放ち、国内外の敵と戦いを繰り広げる…
アフリカの伝統と最新技術が見事に融合!!魅力あふれるキャスト陣の共演、アフリカの伝統音楽を取り込んだ音楽、スタイリッシュなアクション、最後まで一気に見せるストーリー展開には痺れます。

9位「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」(原題 The Post)

スティーヴン・スピルバーグ監督メリル・ストリープトム・ハンクス共演で国防省の最高機密文書を題材に描いた社会派ドラマ。
3月30日(金)に公開され、興収6.2億円。
ベトナム戦争が泥沼化する1971年、政府がひた隠す真実を明らかにすべくジャーナリストたちが奔走する…
報道に対する政府の圧力、そしてジャーナリストたちの抵抗。スティーヴン・スピルバーグ監督が「今、撮るべき作品」として撮影を敢行した渾身の一作。サスペンス満点で緊張感あふれる展開。今だからこそさらに考えさせられます。

10位「パッドマン 5億人の女性を救った男」(原題 Padman)

現代のインドで低コストの生理用ナプキンを開発した実業家のアルナーチャラム・ムルガナンダムの実話を「マダム・イン・ ニューヨーク」に携ったR・バールキが監督・脚本を手掛けて映画化。アクシャイ・クマール、ラーディカー・アープテーほかが共演。
12月7日(金)公開。
インドの田舎町で小さな工房を経営するラクシュミが妻のために清潔で安価なナプキンを低コストで大量生産しようと奮闘する…
アルナーチャラム・ムルガナンダムが様々な困難に直面しながらも自分の信念を貫こうとする強い気持ち、最後の演説のシーンでは自分の気持ちをシンプルな英語で精一杯表現する姿には感動させられます。

2018年マイベスト洋画はどの作品ですか?