その他エンタメ情報」カテゴリーアーカイブ

第97回キネマ旬報ベスト・テン。読者ベストテン 外国映画でどの作品を見ましたか?




第97回キネマ旬報ベスト・テン読者ベストテン 外国映画でどの作品を見ましたか?

1位はマーティン・スコセッシ監督「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」
2位はケイト・ブランシェット主演「TAR ター」
続いてスティーヴン・スピルバーグ監督「フェイブルマンズ」、トム・クルーズ主演「ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE」、マーティン・マクドナー監督「イニシェリン島の精霊」「枯れ葉」

第97回キネマ旬報ベスト・テン。読者ベストテン 外国映画は次の通りです。
1位 「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」(原題 Killers of the Flower Moon)

マーティン・スコセッシ監督レオナルド・ディカプリオ主演で実話を基に描いた西部劇サスペンス。ロバート・デ・ニーロ、リリー・グラッドストーン、ジェシー・プレモンスほかが共演。
2023年10月20日(金)に公開され、興収2.5億円。
石油を採掘したアメリカ先住民の部族から富を奪おうと悪事を加速させていく白人たちを、ある男女の恋を絡めて描く…
オクラホマで起こった先住民族の連続殺人という悲惨な事件をスリリングかつエモーショナルに描く…

2位 「TAR ター」(原題 TAR)

ケイト・ブランシェット主演、天才指揮者リディア・ターの物語。「リトル・チルドレン」のトッド・フィールドが監督・脚本・製作ニーナ・ホス、ノエミ・メルランほかが共演。
2023年5月12日(金)に公開され、興収0.3億円。
ベルリンフィル初の女性マエストロとなったリディア・ターが重圧や陰謀により追い詰められていく…
第80回ゴールデン・グローブ賞でドラマ部門主演女優賞第79回ベネチア国際映画祭でポルピ杯(最優秀女優賞)を受賞。

3位 「フェイブルマンズ」(原題 The Fablemans)

スティーヴン・スピルバーグ監督が映画監督になる夢を叶えた自身の原体験を描いたドラマ。ガブリエル・ラベル、ミシェル・ウィリアムズ、ポール・ダノほかが共演。
2023年3月3日(金)に公開され、興収1.9億円。
初めて訪れた映画館で映画に魅了された少年サミー・フェイブルマンが様々な人々との出会いを通じて映画監督になる夢を追い求める…
第80回ゴールデン・グローブ賞でドラマ部門の作品賞、監督賞を受賞。第95回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演女優賞ほか7部門にノミネート。

4位 「ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE」(原題 Mission: Impossible Dead Reckoning Part One)

トム・クルーズ主演、前作に引き続きクリストファー・マッカリーが監督・脚本を手掛けたシリーズ第7作。サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソンほかが共演。
2023年7月21日(金)に公開され、興収53.8億円。
IMFエージェントのイーサン・ハントに課せられた究極のミッションは全人類を脅かす新兵器が悪の手に渡る前に見つけ出すこと…
欧州市街地での激しいカーチェイスや、断崖絶壁からの大ジャンプ、そして激走する列車上での格闘が展開。
トム・クルーズはノルウェーの雄大な山々に囲まれた切り立った断崖絶壁から飛び立つ、「俳優人生で最も危険」と自身が称する撮影を敢行。

5位 「イニシェリン島の精霊」(原題 The Banshees of Inisherin)

「スリー・ビルボード」のマーティン・マクドナー監督が人の死を予告するというアイルランドの精霊バンシーを描いたヒューマン・ドラマ。コリン・ファレル、ブレンダン・グリーソンほかが共演。
2023年1月27日(金)に公開され、興収1.0億円。
島民全員が顔見知りであるアイルランドの孤島を舞台に親友同士の男たちの間で起こる絶縁騒動…
第80回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門で作品賞、コリン・ファレルが主演男優賞、脚本賞を受賞。
第74回ヴェネチア国際映画祭で脚本賞、コリン・ファレルがポルピ杯(最優秀男優賞)の2部門トロント国際映画祭で最高賞の観客賞を受賞。
才気に満ちたセリフの応酬とともに喜劇と悲劇のはざまを揺れ続け、突然訪れるクライマックス…

6位 「枯れ葉」(原題 Kuolleet lehdet)

フィンランドの名匠アキ・カウリスマキ監督が5年ぶりに手掛けたラブ・ストーリー。アルマ・ポウスティ、ユッシ・バタネンほかが共演。
2023年12月15日(金)公開。
フィンランドのヘルシンキを舞台に孤独を抱えながら生きる男女が、かけがえのないパートナーを見つけようとする…
第76回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞第96回アカデミー賞で国際長篇映画賞のフィンランド代表に選出
戦争や暴力がはびこる世の中で、たったひとつの愛を信じつづける恋人たちの姿…

7位 「バービー」(原題 Barbie)

世界で有名なファッションドールの世界をマーゴット・ロビーライアン・ゴズリング共演で映画化。「レディ・バード」のグレタ・ガーウィグが監督・脚本ウィル・フェレル、シム・リウほかが共演。
2023年8月11日(金)に公開され、興収7.3億円。
ハッピーな毎日を送ることのできるバービーランドでハッピーに暮らすバービーとケンが人間の世界に迷い込んでしまう…
完璧なバービーランドから、人間の世界へ。2人が知った驚きの秘密…

8位 「エンパイア・オブ・ライト」(原題 Empire of Light)

サム・メンデス監督オリヴィア・コールマン主演で描いた映画と映画館への讃歌。マイケル・ウォード、コリン・ファースほかが共演。
2023年2月23日(木・祝)に公開され、興収0.2億円。
1980年のイギリスの映画館で心に闇を抱えながら働くヒラリーが青年スティーヴンと出会い、心を通わせながら、生きる希望を見出していく…
1980年のイギリス南岸の静かなリゾート地に生きる人々の絆と”映画と映画館という魔法”。

9位 「トリとロキタ」(原題 Tori et Lokita)

ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督がベルギーに流れ着いた偽りの姉弟を描いたドラマ。トリとロキタには演技初経験のパブロ・シルズとジョエリー・ムブンドゥ
2023年3月31日(金)公開。
アフリカからベルギーに流れ着いた偽りの姉弟のトリとロキタが正規の仕事に就くために危険な闇組織の仕事を始める…
第75回カンヌ映画祭で75周年記念大賞を受賞
BGMなし、演技未経験の主演俳優、そぎ落とされた作劇に加え、先の読めないサスペンス。

10位 「ザ・ホエール」(原題 The Whale)

アカデミー賞主演男優賞受賞ブレンダン・フレイザー主演の異色の室内劇。劇作家サミュエル・D・ハンターの舞台劇を「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督が映画化。セイディー・シンク、ホン・チャウほかが共演。
2023年4月7日(金)に公開され、興収1.0億円。
余命わずかな体重272キロの孤独な40代の男チャーリー疎遠だった娘への無償の愛を紡ぐ最期の5日間…
第95回アカデミー賞でブレンダン・フレイザーが主演男優賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞
毎日4時間の特殊メイクと、5人がかりで着脱しなければならないほど重いファットスーツで作り上げたブレンダン・フレイザーの迫真の演技。

情報元: キネマ旬報ベスト・テン
キネマ旬報 2024年2月増刊




2月18日はジョン・トラボルタの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?




2月18日はジョン・トラボルタの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?

ジョン・トラボルタは1954年2月18日にニュージャージー州イングルウッドで生まれました。
高校卒業後にブロードウェイのミュージカルに出演し、1977年「サタデー・ナイト・フィーバー」が大ヒットし、「グリース」にも出演。
クエンティン・タランティーノ監督「パルプ・フィクション」、ジョン・ウー監督「フェイス/オフ」、トニー・スコット監督「サブウェイ123 激突」に出演。ブロードウェイ・ミュージカルを映画化した「ヘアスプレー」では特殊メイクで主人公の母親に扮し、話題となりました。
Travolta, John

ジョン・トラボルタの主な出演作品は次の通りです。
「サタデー・ナイト・フィーバー」(原題 Saturday Night Fever)
サタデー・ナイト・フィーバー
ジョン・バダム監督、”フィーバー”という流行語を生み、一世を風靡したダンスムービー。
1978年7月15日(土)公開。
1970年代後半のアメリカ。「行き場のない青春のエネルギー」をディスコで踊ることで晴らす惰性の生活を送っていた青年が、ディスコで出会った女性の生き方に心を惹かれ、新しい生活へ目覚めて大人へ脱皮していく…
ジョン・トラボルタはトニー・マニロを演じ、昼はブルックリンのペンキ店で働き、土曜の夜にはダンスフロアのキングという二つの姿を見事に演じ分け、一躍大スターになりました。
ダンス・ブームという社会現象を巻き起こし、”フィーバー”という流行語を生みだしたジョン・トラボルタの出世作。ビージーズが歌う「ステイン・アライヴ」「恋のナイト・フィーバー」が大ヒット。

「グリース」(原題 Grease)
グリース
人気ブロードウェイ・ミュージカルをランダル・クレイザー監督がポップス・クイーン、オリビア・ニュートン=ジョン共演で描いた学園ミュージカル。
1978年12月9日(土)公開。
1950年代のアメリカ。夏休みに訪れた避暑地で恋に落ちたダニーとサンディ。ふたりの関係はひと夏で終わるはずだったが、サンディがダニーの高校へ転校して来る…
ジョン・トラボルタは不良グループのリーダーのダニーを演じ、サンディとの恋物語を繰り広げます…
音楽もとにかくすばらしく、ジョン・ファーラーの「愛すれど悲し」(Hopelessly Devoted to You) が第51回アカデミー賞歌曲賞にノミネート。
ジョン・トラボルタとオリビア・ニュートン=ジョンのデュエットでの掛け合いもとにかく格好よく、躍動感あふれるミュージカル映画です。

「パルプ・フィクション」(原題 Pulp Fiction)
パルプ・フィクション02
クエンティン・タランティーノ監督ブルース・ウィリスユマ・サーマン共演の異色のバイオレンス・アクション。
1994年9月24日(土)に公開され、配収4億円。
いまいち冴えない二人組みのギャング、ギャングのボスのセクシーな若妻、捨て身のプロボクサー。3つの犯罪ドラマが交錯し、衝撃のクライマックスへと向かう…
ジョン・トラボルタは二人組のギャングのビンセント・ベガを演じ、誤って人を殺してしまい、血塗れになった車の処理に右往左往する…
第67回 アカデミー賞で脚本賞、第46回 カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞。
スピード感溢れる暴力描写と洒落たセリフの数々。タランティーノ節全開で楽しめる作品です。

「フェイス/オフ」(原題 Face/Off)
フェイス_オフ
ジョン・ウー監督ニコラス・ケイジ共演でお互いの顔を移植した復讐に燃えるFBI捜査官とテロリストの激突を描いたアクション・ムービー。
1998年2月28日(土)に公開され、配収11.5億円。
息子を殺されたFBIの父親とその犯人であるテロリストが、憎むべき互いの顔を取り替えて壮絶な死闘を繰り広げる…
ジョン・トラボルタは息子をテロリストに殺されたFBI捜査官ショーン・アーチャーを演じ、捜査のためにそのテロリストの顔を移植するが、復讐するために自分の顔を移植したテロリストと対峙する…
ジョン・ウー監督ならではのクライム・アクション・ムービーの傑作で、ジョン・トラボルタとニコラス・ケイジの演技が光ります。

「ヘアスプレー」(原題 Hairspray)
ヘアスプレー
ブロードウェイ・ミュージカルをアダム・シャンクマン監督ミシェル・ファイファーニッキー・ブロンスキー共演で映画化したミュージカル。
2007年10月20日(土)に公開され、配収10億円。
人気TV番組のダンサーを目指す天真爛漫な太めの女子高生トレイシーとその周囲の賑やかな人間模様を描く…
ジョン・トラボルタは30年ぶりのミュージカル映画出演。特殊メイクで主人公トレイシーの母親のエドナ・ターンブラッドを怪演し、娘のトレイシーとともに輝いていく…
アメリカらしいポジティブなシンデレラ・ストーリー。ジョン・トラボルタの見事な変貌ぶりと持前のダンス。ハッピーな気持ちにしてくれます。

「サブウェイ123 激突」(原題 Taking of Pelham 123)
サブウェイ123 激突
トニー・スコット監督デンゼル・ワシントン共演で描いたクライム・アクション。
2009年9月4日(土)に公開され、興収7.66億円。
ニューヨークの地下鉄をハイジャックした凶悪犯グループと、交渉相手に選ばれた地下鉄職員との間で繰り広げられる緊迫の頭脳戦を描く…
ジョン・トラボルタは犯人グループのリーダーのライダーを演じ、交渉相手に指名した地下鉄職員と息詰まる駆け引きを展開する…
緊迫感溢れる駆け引きとデンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタの競演は見応えあります。

これからもさらなる活躍が期待されるジョン・トラボルタ。出演作でどの作品が好きですか?




2月17日は映画監督マイケル・ベイの誕生日。監督作でどの作品が好きですか?




2月17日は映画監督マイケル・ベイの誕生日。監督作でどの作品が好きですか?

映画監督のマイケル・ベイは1965年2月17日にロサンゼルスで生まれました。
映画監督デビュー作品の「バッドボーイズ」「ザ・ロック」「アルマゲドン」「パール・ハーバー」「トランスフォーマー」シリーズなど大ヒット作品を次々に監督。
監督作でどの作品が好きですか?
マイケル・ベイ

「バッドボーイズ」(原題 Bad Boys)
バッドボーイズ
ウィル・スミスマーティン・ローレンス共演、黒人刑事コンビが繰り広げるアクション・ムービー。
1995年11月18日(土)に公開され、配収2億円。
犯罪都市マイアミで対照的な二人の黒人刑事コンビが麻薬に絡んだ殺人事件の捜査に当たる…
テンポのいいストーリー、主人公2人のイキな会話、ノリのいい音楽に笑いをミックスさせ、新鮮で、胸踊るアクション娯楽作品です。

大ヒットを受けて、2003年「バッドボーイズ2バッド」(原題 Bad Boys 2 Bad)が公開。

「ザ・ロック」(原題 The Rock)
ザ・ロック
ニコラス・ケイジショーン・コネリー共演のサスペンス・アクション。
1996年9月14日(土)に公開され、配収14億円。
アルカトラズ島に立てこもった神経性毒ガスを奪い、テロリスト軍団がアルカトラズ島に立てこもった。タイム・リミットは40時間。FBIは化学兵器のスペシャリストとアルカトラズ島を脱獄した男を「ザ・ロック」と呼ばれる鉄壁の要塞へと送り込む…
ニコラス・ケイジ、ショーン・コネリー、そしてエド・ハリス。熱い男たちの戦いをマイケル・ベイらしいアクション満載。

「アルマゲドン」(原題 Armageddon)
アルマゲドン
ブルース・ウィリスベン・アフレック共演で地球滅亡の危機に挑む熱き男たちの命を賭けた活躍を描いたSFアクション。
1998年12月12日(土)に公開され、配収83.5億円。
接近する巨大な巨大小惑星の軌道を変えるため、6人の宇宙飛行士と8人の石油採掘のプロフェッショナル達が全人類の希望を背負い宇宙へと旅立つ…
エアロスミスの”I Don’t Want To Miss A Thing”に乗せて、マイケル・ベイらしいアクションが繰り広げられつつ、感動もありの作品で、何度見ても楽しめます。

「パール・ハーバー」(原題 Pearl Harbor)
パール・ハーバー
ベン・アフレックジョシュ・ハートネットケイト・ベッキンセール共演で日本軍の真珠湾攻撃を舞台に、男女の切ない愛を描いた戦争大作。
2001年7月14日(土)に公開され、興収69億円。
太平洋戦争開戦前夜。陸軍航空隊のレイフとダニーは、幼い頃から固い友情の絆で結ばれていた。レイフは看護婦のイヴリンと愛し合うようになるが、やがて運命は彼らの愛も友情も引き裂いていく…
賛否両論ありますが、マイケル・ベイらしいアクション満載でアメリカ側から描いた日本軍の真珠湾攻撃。ラブ・ロマンスの要素も楽しめます。

「トランスフォーマー」(原題 Transformer)
トランスフォーマー
1980年代に人気を博した日米合作のアニメをスティーヴン・スピルバーグ製作シャイア・ラブーフ主演で実写映画化。全宇宙の支配を企むメガトロン率いる”ディセプティコン”から地球を守ろうとするオプティマスプライム率いるオートボットの戦いをCGを駆使して描いたSFアクション。
2007年8月4日(土)に公開され、興収40.1億円。
高校生のサムが手に入れた中古のカマロは宇宙の彼方からやって来たロボット生命体”トランスフォーマー”のオプティマスプライム率いる”オートボット”の一員で、オートボットとディセプティコンの戦いに巻き込まれていく…
最新のCG技術を駆使して描いた”トランスフォーマー”たち戦い。マイケル・ベイ監督らしいアクションが楽しめる作品です。

大ヒットを受けて2009年「トランスフォーマー/リベンジ」(興収23.2億円)、2011年「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」(興収42.5億円)>が公開。
キャストを一新、マーク・フォルバーグを主演に迎えたシリーズ第4弾「トランスフォーマー/ロストエイジ」(原題 Transformers: Age of Extinction)がが2014年8月8日(金)に公開され、興収29.1億円。
トランスフォーマー/ロストエイジ

マーク・ウォルバーグ主演のシリーズ第5弾「トランスフォーマー 最後の騎士王」(原題 Transformers: The Last Knight)が2017年8月4日(金)に公開され、興収17億円。

地球を守ってきたオプティマス・プライムが”ダーク・オプティマス”と化し、人類を滅亡の危機に陥れ、バンブルビーと激突する…
圧倒的な臨場感とスケールで描かれる革新的な映像体験。

アクション満載の大ヒット作を次々生み出し続けるマイケル・ベイ監督。監督作でどの作品が好きですか?




2月17日はジョセフ・ゴードン=レヴィットの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?




2月17日はジョセフ・ゴードン=レヴィットの誕生日。出演作でどの作品か好きですか?

ジョセフ・ゴードン=レヴィットは 1981年2月17日にカルフォルニア州ロサンゼルスで生まれました。
子役としてキャリアをスタートさせ、1992年公開「リバー・ランズ・スルー・イット」で映画デビュー。
2009年「(500)日のサマー」で第67回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門で主演男優賞にノミネート。
クリストファー・ノーラン監督「インセプション」「ダークナイト ライジング」に出演し、「ドン・ジョン」では映画監督に初チャレンジ。
Joseph Gordon-Levitt_gotham

ジョセフ・ゴードン=レヴィットの主な出演作品は次の通りです。
「(500)日のサマー」(原題 500 Days of Summer)
(500)日のサマー
マーク・ウェブ監督が恋を信じる男の子と信じない女の子のビタースウィートな500日の物語。
2010年1月9日(金)公開。
運命の恋を信じるナイーヴな青年が、対照的な恋愛観の女性と辿る甘くてホロ苦い500日の愛の軌跡を綴る…
ジョセフ・ゴードン=レヴィットはナイーブな青年のトム・ハンセンを演じ、ズーイー・デシャネル演じる真実の愛なんて信じない女の子のサマーに振り回される…
第67回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門で主演男優賞にノミネート
洋楽好きでも納得する音楽のセレクト、スタイリッシュなカット割り、リアリティのあるシチュエーション、名画のオマージュなど。マーク・ウェブ監督ならではの映像が楽しめるビターでスウィートなラブ・ストーリー。

「インセプション」(原題 Inception)

クリストファー・ノーラン監督レオナルド・ディカプリオ渡辺謙共演で描いたSFクライム・アクション。
2010年7月23日(金)に公開され、興収35億円。
相手の夢の中に入り込み、潜在意識の中の価値あるアイデアを盗み出す一流産業スパイの男コブと彼のスペシャリスト集団が夢の中で繰り広げる最後にして最も危険なミッションの行方を描く…
ジョセフ・ゴードン=レヴィットは産業スパイのコブの仲間のアーサーを演じ、レオナルド・ディカプリオ演じるコブとともに依頼されたターゲットの夢の中に潜入する…
クリストファー・ノーランが監督・脚本・製作しているだけに独特の世界観と強烈な映像が楽しめるエンターテインメント大作です。
inception-joseph-gordon-levitt

「ダークナイト ライジング」(原題 The Dark Knight Rises)

クリストファー・ノーラン監督クリスチャン・ベイル主演の”バットマン”三部作のシリーズ完結編。
2012年7月28日(金)に公開され、興収19.7億円。
8年間平和を保ってきたゴッサム・シティを狙う新たな敵とバットマン(ダークナイト)との攻防を描く…
ジョセフ・ゴードン=レヴィットはゴッサム市警の警官で刑事に昇格するジョン・ブレイクを演じ、ゴードン市警本部長の元、ゴッサム・シティを守るために立ち上がる…
the-dark-knight-rises-poster-joseph-gordon-levitt
すべてが化学反応を起こし、完結編にふさわしく、「壮絶に、伝説が、終わる」!!鳥肌が立つくらい壮絶な完結編です!!

「LOOPER/ルーパー」(原題 Looper)
LOOPER
ライアン・ジョンソン監督ブルース・ウィリス共演で描いたタイムスリップ・バトル。
2013年1月12日(土)公開
時空を超えて未来の犯罪者を始末する暗殺者”ルーパー”と呼ばれる殺し屋のジョーのターゲットとして転送された未来の自分とのスリリングな追跡劇を繰り広げる…
ジョセフ・ゴードン=レヴィットは暗殺者”ルーパー”と呼ばれる殺し屋の25歳のジョーを演じ、ブルース・ウィリス演じる未来のジョーと戦うことになる…

「ドン・ジョン」(原題 Don Jon)
ドン・ジョン
ジョセフ・ゴードン=レヴィットが初監督、脚本・主演も務めたラブ・コメディ。スカーレット・ヨハンソンジュリアン・ムーア共演。
2014年3月15日(土)公開。
モテモテのプレーボーイにもかかわらず理想の女性、愛を求めポルノ鑑賞にハマる青年が、全くタイプの違う女性二人と出会い、新たな価値観を見出していく…
ジョセフ・ゴードン=レヴィットは”ドン・ジョン”と呼ばれるプレイボーイのジョン・マテーロを演じ、二人の女性に出会ったことで本当の恋を学んでいく…

「ザ・ウォーク」(原題 The Walk)
ザ・ウォーク
ロバート・ゼメキス監督が1974年、ワールド・トレード・センターのツインタワーを1本のロープで空中散歩に挑んだフィリップ・プティの実話を映画化したヒューマン・ドラマ。
2016年1月23日(土)に公開され、興収2.94億円。
ジョセフ・ゴードン=レヴィットは伝説の男フィリップ・プティを演じ、ワールド・トレード・センターで命綱なしの空中散歩に挑む…
ストーリーはシンプルながら綱渡りのシーンはハラハラドキドキさせられ、ジョセフ・ゴードン=レヴィットの迫真の演技が光ります。

「スノーデン」(原題 Snowden)

オリヴァー・ストーン監督がアメリカ政府の最高機密を暴露した実在の人物を描いた社会派ドラマ。
2017年1月27日(金)に公開され、興収1.74億円。
元CIAおよびNSA職員のエドワード・スノーデンが国家の最高機密を暴露した2013年の9年前にさかのぼり、国を愛する若者の理想が打ち砕かれていく…
ジョセフ・ゴードン=レビットはエドワード・スノーデンを演じ、実際のスノーデン本人と見まがうほど瓜ふたつの風貌、声色、仕種をマスターして熱演。

宮崎駿監督のアニメーション「風立ちぬ」(英題 The Wind Rises)で堀越二郎の英語版の声を担当。
The Wind Rises
これからもさらなる活躍が期待されるジョセフ・ゴードン=レヴィット。
出演作でどの作品が好きですか?




2月16日は高倉健の誕生日。出演作でどの作品が好きですか?




2月16日は高倉健の誕生日。出演作でどの作品が好きですか?

高倉健は1931年2月16日に。福岡県中間市で生まれました。
1963年の「人生劇場 飛車角」以降、仁侠映画を中心に活躍。1964年の「日本侠客伝」シリーズ、1965年の「網走番外地」シリーズ「昭和残侠伝」シリーズなどに主演。
そして1978年「幸福の黄色いハンカチ」、1981年「動乱」「遥かなる山の呼び声」、1982年「駅 STATION」、2000年「鉄道員(ぽっぽや)」日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。
2013年には文化勲章を受章しました。
1984年のCMで無骨で男気のある高倉健のイメージを象徴する「不器用ですから」という台詞が有名になりました。
高倉健

高倉健の代表作は次の通りです。
「網走番外地」
網走番外地
北海道のダイナミックな自然の中で、手錠のままの脱獄に命を賭ける男たちの姿を描いたドラマ。
1965年4月18日(土)公開。
北海道の網走刑務所に服役中のヤクザ、橘真一は、母恋しさゆえに仲間と手錠につながれたままの脱走を謀り、ふたりで冬の雪原をさまよい続ける…
高倉健は橘真一を熱演し、、飄々とした軽やかな味を出し、全18作が制作。
第10作までは石井輝男が監督。

「君よ憤怒の河を渉れ」

西村寿行の人気小説佐藤純彌監督原田芳雄池部良共演で映画化したサスペンス・アクション。
1976年2月11日(土)公開。
無実の罪を着せられた現職検事が自らを罠に陥れた見えない敵に復讐するために壮大な旅に出る…
高倉健は無実の罪を着せられた東京地検検事の杜丘冬人を熱演し逃走劇を繰り広げる…
突っ込みどころ満載ですが、高倉健の魅力が満載のサスペンス・アクションです。

「幸福の黄色いハンカチ」
幸福の黄色いハンカチ
山田洋次監督が刑期を終えた中年男が行きずりの若いカップルとともに妻のもとへ向かう姿を描いたロード・ムービー。
1977年10月1日(土)公開。
失恋のショックで仕事を辞めて北海道へ旅に出た花田欣也は、同じく失恋で傷付いた小川朱美と炭鉱夫を名乗る島勇作と知り合う。だが、勇作にはある秘密があった…
第1回日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞、高倉健が最優秀主演男優賞、武田鉄矢が最優秀助演男優賞、桃井かおりが最優秀助演女優賞の5部門受賞。
高倉健は炭鉱夫を名乗る島勇作を熱演し、第1回日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を受賞。
ラストシーンはあまりにも有名ですが、涙せずにはいられない感動作。何度見ても色あせることのない日本映画史に残る不朽の名作です。

「駅 STATION」
駅 STATION
倉本聰が高倉健のために書き下ろし、降旗康男監督いしだあゆみ倍賞千恵子共演である刑事と3人の女の出会いと別れを描いたヒューマン・ドラマ。
1981年11月7日(土)に公開され、配収12億円。
雪深い北国を舞台に刑事の十余年にわたる人生の軌跡を通して男女の出会いと別れを3部構成で描く…
第5回日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀男優賞、最優秀脚本賞の3部門を受賞。
高倉健は十余年にわたる歳月の中で3人の女性との宿命的出会いと別れを味わう刑事の三上英次を熱演し、第5回日本アカデミー賞で最優秀男優賞を受賞。
倉本聰が高倉健のために書き下ろし、高倉健と何度もタッグを組んでいる降旗康男が監督なだけに、高倉健の魅力の詰まった名作です。

「ブラック・レイン」(原題 Black Rain)
ブラック・レイン
リドリー・スコット監督マイケル・ダグラス松田優作共演で日米の刑事の活躍と友情の絆を描いたポリス・アクション。
1989年10月7日(土)に公開され、配収13.5億円。
NYで起きた殺人事件の犯人の佐藤を逮捕したニックとチャーリーは、大阪へ護送中に佐藤を取り逃がしてしまう…
高倉健は大阪府警の松本正博警部補を演じ、ニューヨーク市警の刑事ニックとともに犯人の佐藤を追跡する…
リドリー・スコット監督らしい映像で、大阪の街を舞台に日米の刑事たちが協力してヤクザと戦う物語を描いていて、高倉健、松田優作ほか豪華な日本人キャストでも話題になった作品です。

「鉄道員(ぽっぽや)」
鉄道員
降旗康男監督とタッグを組み、鉄道員(ぽっぽや)一筋に生きてきた男に舞い降りる奇跡の物語を描いた人間ドラマ。
1999年6月5日(土)に公開され、配収20.5億円。
北海道の雪深い町にあるローカル線の小さな駅をたったひとりで守り続けてきた駅長の佐藤乙松。一人娘を亡くした日も、最愛の妻を亡くした日も駅に立ち続けた乙松。そんな鉄道員としての誇りを持ち続けた男の元に一人の少女が現れる…
第23回日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞、高倉健が最優秀主演男優賞、大竹しのぶが最優秀主演女優賞、小林稔侍が最優秀助演男優賞、最優秀脚本賞、最優秀撮影賞、最優秀照明賞、最優秀録音賞の9部門を受賞。
高倉健は北海道の雪深い町にあるローカル線の小さな駅の駅長・佐藤乙松を演じ、第23回日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を受賞。

「あなたへ」
あなたへ02
降旗康男監督と20作目のタッグを組み、亡き妻の想いを胸に、妻の故郷を目指して旅に出た男の人生の光と影を描いた人間ドラマ。
2012年8月25日(土)に公開され、興収23.9億円の大ヒット。
北陸のある刑務所の指導技官の倉島英二のもとに、亡き妻が遺した絵手紙が届く。「故郷の海を訪れ、散骨してほしい」との想いを元に、道中で出会った様々な人々と心を通わせ、妻の本当の想いを知る…
第36回モントリオール世界映画祭で特別賞を受賞。
高倉健は北陸のある刑務所の指導技官の倉島英二を熱演。
降旗康男監督らしい淡々とした日本ならではの映像と高倉健の演技が光る名作です。

2014年11月10日(月)に悪性リンパ腫のため83歳で死去されてしまい、2012年「あなたへ」が最後の作品となってしまいました。
出演作でどの作品が好きですか?




2月14日はサイモン・ペッグの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?




2月14日はサイモン・ペッグの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?

サイモン・ペッグは 1970年2月14日にイングランドのグロスターで生まれました。
ロンドンでスタンダップ・コメディアンとしてキャリアをスタートさせ、TVやラジオでも活躍。
エドガー・ライト監督のTVシリーズ「スペースド」で「スター・ウォーズ」おたくの主人公役で一躍注目を浴び、「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-」「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」では脚本も手がけて出演。
SPACED
「スター・トレック」シリーズ「ミッション:インポッシブル」シリーズでも3作以降に出演し、存在感を発揮しています。
simon pegg

サイモン・ペッグの主な出演作品は次の通りです。
「ショーン・オブ・ザ・デッド」(原題 Shaun of the Dead)
ショーン・オブ・ザ・デッド
エドガー・ライト監督ニック・フロスト共演でゾンビ映画の金字塔「ゾンビ」をパロディにしたホラー・コメディ。
2004年作品。日本では劇場未公開。
恋人に愛想を尽かされたショーン。泥酔した彼が目覚めると、街にはゾンビが溢れ、生きた人間を次々と襲っていた…
サイモン・ペッグは脚本も手掛け、大人になり切れないダメ男のショーンを演じ、恋の行方と生き残りを懸けた戦いを繰り広げる…
ホラーなのに、コメディでもあり、ラブ・ストーリーも絡んだり、一味違ったコメディ作品に仕上がっていて、エドガー・ライト監督の映画の原点ともいえる作品です。

「ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-」(原題 Hot Fuzz)
ホットファズ02
エドガー・ライト監督ニック・フロスト共演で刑事映画のパロディを散りばめたアクション・コメディ。
2008年7月5日(土)公開。
一見平和な田舎町に左遷されてしまったエリート警官ニコラスがお人好しの若手警官ダニーとともにの殺人事件に巻き込まれていく…
サイモン・ペッグは脚本も手掛け、エリート警官ニコラスを真面目にコミカルに熱演。
有名な刑事映画のパロディを散りばめつつ、本格的なアクションと骨太のストーリーが展開し、世界中で映画ファンの賞賛を集めました。

「スター・トレック」(原題 Star Trek)

J・J・エイブラムス監督クリス・パイン主演で描いた新シリーズ第1弾。
2009年5月29日(金)に公開され、興収6億円。
建造されたばかりの宇宙船のエンタープライズ号の乗組員となったカークがエポックやウフーラといった仲間と共に、彼は宇宙で出会う数々の危機を乗り越えていく…
サイモン・ペッグはエンタープライズ号の機関主任となるモンゴメリー・スコットを演じ、カークを支える存在として好演。
star-trek-into-darkness-pos
J・J・エイブラムス監督がクリス・パイン主演で若いカークの活躍を描いていて、壮大な宇宙の旅をテンポよく見せてくれ、楽しめる作品です。

2013年「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(興収10.8億円)。

2016年「スタートレック ビヨンド」(興収5.27億円)にもモンゴメリー・スコットとして出演。

「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」(原題 Mission: Impossible Ghost Protocol)

往年の人気TVシリーズ「スパイ大作戦」をトム・クルーズ主演で映画化したスパイ・アクションシリーズ第4弾。
2011年12月16日(金)に公開され、興収53億円を挙げ、2012年洋画作品の興行成績ベスト1の大ヒット。
爆弾テロ犯の濡れ衣を着せられたイーサン・ハントとそのチームが、組織の後ろ盾を失いながらも事件の黒幕を突き止めるべく世界を股に過酷なミッションに挑む…
サイモン・ペッグは「M:i:III」(興収51.5億円)から引き続き技術担当のベンジー・ダンを演じ、ちょっとコミカルでありながらイーサン・ホークを支えるペンジーを好演。
Mission_Impossible GP Simon Pegg


2015年「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」(興収51.4億円)。

2018年「ミッション:インポッシブル フォールアウト」(興収45.7億円)にも出演。

「宇宙人ポール」(原題 Paul)
宇宙人ポール
サイモン・ペッグとニック・フロストが脚本、主演、アメリカナイズされた宇宙人と繰り広げるロード・ムービー。グレッグ・モットーラが監督。
2011年12月23日(土)公開。
UFO関連の名所を巡っていたSFオタクの青年のグレアムとクライブの前に、ポールと名乗る本物の宇宙人が現れる…
サイモン・ペッグは脚本も手掛け、SFオタクの青年のグレアムを演じ、アメリカにすっかりなじんでしまった宇宙人ポールと珍道中を繰り広げる…
サイモン・ペッグとニック・フロストに、今回はアメリカナイズされた宇宙人ポールの共演。二人の世界がさらに深くなり、シュールな笑いが全開です…

「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」(原題 The World’s End)
ワールズ・エンド02
エドガー・ライト監督ニック・フロスト共演で描いたSF酔っぱらいエンターテイメント。
2014年4月12日(土)公開。
“1晩に5人で12軒のハシゴ酒”に挑戦するゲイリーを始めとするアラフォーの酔っぱらいたちが、街を操る何者かと戦いを繰り広げる…
サイモン・ペッグは脚本も手掛け、幼なじみのアラフォー男5人組のリーダーゲイリー・キングを演じ、12軒のハシゴ酒”に挑戦する中で何者かと戦いを繰り広げることになる…
エドガー・ライト監督とサイモン・ペッグ、ニック・フロストの絶妙なタッグが再び揃って展開する癖になる面白さ。そこにマーティン・フリーマンにロザムンド・パイクが加わってさらに面白くなりました。

脚本も手がけるなど幅広い活躍を続けるサイモン・ペッグ。出演作でどの作品が好きですか?




2月14日はバレンタイン・デイ。”チョコレート”を描いた映画でどの作品が好きですか?




2月14日はバレンタイン・デイ“チョコレート”を描いた映画でどの作品が好きですか?

2月14日はバレンタイン・デイ。チョコレートを題材にした映画としてはティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演「チャーリーとチョコレート工場」、ラッセ・ハルストレム監督、ジュリエット・ビノシュ、ジョニー・デップ共演「ショコラ」、ハル・ベリー主演「チョコレート」、アラン・カミング主演「チョコレートドーナツ」などがあります。
“チョコレート”を描いた映画でどの作品が好きですか?

★1964年出版のロアルド・ダールの児童小説「チョコレート工場の秘密」を映画化。
⚫︎「夢のチョコレート工場」(原題 Willy Wonka & the Chocolate Factory)
%e5%a4%a2%e3%81%ae%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e5%b7%a5%e5%a0%b4
メル・スチュアート監督ジーン・ワイルダー主演で描いたファンタジー。
1971年7月3日(土)公開。

「チャーリーとチョコレート工場」(原題 Charlie And The Chocolate Factory)
%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%a8%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e5%b7%a5%e5%a0%b4
ティム・バートン監督ジョニー・デップ主演で映画化したファンタジー。
2005年9月10日(金)に公開され、興収53.5億円。
ウィリー・ウォンカが経営する謎に満ちたチョコレート工場に、5人の子どもたちが招待され、驚くべき体験をする…
ティム・バートン監督らしいブラック&シニカルなテイストが満載。ダニー・エルフマンの音楽と歌も最高。

⚫︎「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」(原題 Wonka)

ティモシー・シャラメ主演、ウィリー・ウォンカのはじまりの物語。ヒュー・グラント、サリー・ホーキンス、オリビア・コールマンほかが共演。「パディントン」シリーズのポール・キングが監督・脚本
2023年12月8日(金)に公開され、興収23.4億円。
若きウィリー・ウォンカはいかにしてあのチョコレート工場をつくったのか…
工場長ウィリー・ウォンカの“夢”はここからはじまった。「チャーリーとチョコレート工場」のはじまりの物語。

「ショコラ」(原題 Chocolat)
ショコラ02
「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」のラッセ・ハルストレム監督ジュリエット・ビノシュジョニー・デップ共演で描いたファンタジー。
2001年5月28日(土)に公開され、興収7億円。
フランスの小さな村にやって来た母娘が開いたチョコレートショップが人々の閉ざされた心を解き放つ…
第73回アカデミー賞で作品賞、ジュリエット・ビノシュが主演女優賞、ジュディ・デンチが助演女優賞、脚色賞、作曲賞の5部門にノミネート。
すべての人を幸せにしてしまう不思議なチョコレートは思わず食べたくなります。おいしい幸せで包んでくれる名作です。

「チョコレート」(原題 Monster’s Ball)
チョコレート02
「007 慰めの報酬」のマーク・フォースター監督ハル・ベリー主演で描いた看守の男と囚人の妻のラブ・ストーリー。
2002年7月20日(土)公開。
黒人に対して偏見を持つ看守の男と囚人の妻である黒人の女性。二人は愛する者を失い、その喪失感を埋めるように互いに惹かれあっていく…
ハル・ベリーは第74回アカデミー賞で非白人としては初めて主演女優賞、そして第52回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(女優賞)を受賞

「チョコレートドーナツ」(原題 Any Day Now)
チョコレートドーナツ
アラン・カミング主演、実話から生まれた魂を震わすヒューマン・ドラマ。
2014年4月19日(土)公開。
1970年代のアメリカ。ショーダンサーのルディ、ゲイであることを隠す弁護士のポール、母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年・マルコ、奇跡的に出会った3人の血が繋がらずとも深い愛情で結ばれていく…
シアトル映画祭をはじめ、全米の映画祭で観客賞を総なめにし、日本でも限定公開に関わらず大ヒット。
アラン・カミングが歌うボブ・ディランの名曲「I shall be released」も感動を呼び、心にグサリと突き刺さる、言葉を失う感動作です。

“チョコレート”を描いた映画でどの作品が好きですか?




2月14日はバレンタイン・デイ。ゲイリー・マーシャル監督「バレンタインデー」は見たことありますか?




2月14日はバレンタイン・デイ
「プリティ・ウーマン」のゲイリー・マーシャル監督が豪華キャストを迎えて描いたラブ・ストーリー「バレンタインデー」(原題 Valentine’s Day)
バレンタインデー
2010年2月12日(金)に公開され、興収4.1億円。
ロサンゼルスを舞台に、年齢も職業も愛の形も様々な男女15人のバレンタイン・デイを描く…

ロサンゼルスを舞台に、年齢も職業も愛の形も様々な男女15人のバレンタイン・デイ。愛する彼女にプロポーズした花屋の青年、飛行機で偶然隣り合わせになった男女、長年連れ添った夫に一生の秘密を告白する妻やバレンタインが大嫌いな恋人のいない独身女性など、さまざまな思いを抱えた人々。その日、15人それぞれがすべてを懸けた愛の行方は…

「プリティ・ウーマン」のゲイリー・マーシャルが監督
ジェシカ・アルバジェシカ・ビールジェニファー・ガーナーキャシー・ベイツジュリア・ロバーツアン・ハサウェイアシュトン・カッチャーほか豪華キャストが共演。

バレンタイン・デイに見たくなるラブ・ストーリーです。




第97回キネマ旬報ベスト・テン。読者ベストテン 日本映画でどの作品を見ましたか?




第97回キネマ旬報ベスト・テン読者ベストテン 日本映画でどの作品を見ましたか?

1位は瑠東東一郎監督、岸優太主演「Gメン」
2位は森達也監督「福田村事件」
続いて是枝裕和監督「怪物」、山崎貴監督「ゴジラ-1.0」、石井裕也監督、宮沢りえ主演「月」、岸善幸監督、稲垣吾郎、新垣結衣主演「正欲」

読者ベストテン 日本映画は次の通りです。
1位 「Gメン」

小沢としおのコミック岸優太主演で映画化した青春アクション・コメディ。竜星涼、矢本悠馬、田中圭、吉岡里帆、高良健吾ほかが共演。「おっさんずラブ」シリーズの瑠東東一郎が監督
2023年8月25日(金)に公開され、興収7.1億円。
女子に人気の男子校に転校したものの、問題児ばかり集うクラスに振り分けられた高校生の門松勝太の熱い友情と成長…
“熱きおちこぼれ”ヒーローと、クセが強い個性豊かなメンバーが織りなす青春物語。

2位 「福田村事件」

関東大震災直後の混乱の中で実際に起こった虐殺事件を題材に描いたドラマ。社会派ドキュメンタリー作品を手がけてきた森達也が自身初の劇映画作品として監督井浦新、田中麗奈、永山瑛太、東出昌大ほかが共演。
2023年9月1日(金)に公開され、興収2.4億円。
関東大震災直後の混乱の中、千葉県福田村で9人の行商団員が殺害された悲劇に至る過程…
第47回日本アカデミー賞で優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞の3部門を受賞。
関東大震災から100年。いま見たことを、伝えたい…

3位 「怪物」

是枝裕和が監督坂元裕二が脚本坂本龍一が音楽を手掛けたドラマ。安藤サクラ永山瑛太黒川想矢柊木陽太ほかが共演。
2023年6月2日(金)に公開され、興収21.5億円。
郊外の町で起きた子供同士のケンカ。子供たちの食い違う主張が社会やメディアを巻き込む騒動になっていく…
第76回カンヌ国際映画祭で脚本賞、クィア・パルム賞の2部門第66回ブルーリボン賞で黒川想矢が新人賞を受賞。
「怪物」とは何か、登場人物それぞれの視線を通した「怪物」探しの果てに訪れる結末…

4位 「ゴジラ-1.0」

「ゴジラ」の生誕70周年記念山崎貴が監督・脚本・VFX。神木隆之介、浜辺美波が主演。山田裕貴、青木崇高、吉岡秀隆、安藤サクラ、 佐々木蔵之介ほかが共演。
2023年11月3日(金)に公開され、興収57.3億円。(2024年2月8日現在)
生きて、抗え。焦土と化した日本に、突如現れたゴジラ。残された名もなき人々に、生きて抗う術はあるのか。
日本で製作された実写のゴジラ映画としては通算30作目。シリーズ史上最悪の絶望が日本を襲う!
第66回ブルーリボン賞で作品賞、神木隆之介が主演男優賞、浜辺美波が助演女優賞の3部門を受賞。
生きて、抗え。焦土と化した日本に、突如現れたゴジラ。残された名もなき人々に、生きて抗う術はあるのか。

5位 「月」

宮沢りえ主演で実際に起きた障がい者殺傷事件をモチーフに映画化。辺見庸の小説を「舟を編む」の石井裕也監督が映画化。オダギリジョー、磯村勇斗、二階堂ふみほかが共演。
2023年10月13日(金)公開。
重度障害者施設で働くことになった堂島洋子は他の職員による入所者への心ない扱いや暴力を目の当たりにする…
第78回毎日映画コンクールで監督賞、撮影賞の2部門を受賞。
「狂気」と一言で裁くことのできない問いを突きつける。

6位 「正欲」
朝井リョウのベストセラー小説稲垣吾郎新垣結衣主演で映画化。「あゝ、荒野」の岸善幸が監督磯村勇斗、佐藤寛太、東野絢香ほかが共演。
2023年11月10日(金)に公開され、興収2.8億円。
息子が不登校になった検察官、ある秘密を抱えた販売員、心を閉ざして生活する大学生、一見無関係な人々の人生が、ある事件をきっかけに交差し始める…
第36回東京国際映画祭で最優秀監督賞、観客賞をW受賞

7位 ★「愛にイナズマ」

松岡茉優窪田正孝主演、「舟を編む」の石井裕也監督がオリジナル脚本で描いたユーモア溢れる痛快な反撃の物語。池松壮亮、若葉竜也、佐藤浩市ほかが共演。
2023年10月27日(金)公開。
念願の映画監督デビューを目前に大切な夢を奪われた折村花子が疎遠だった家族の力を借りて理不尽な社会に立ち向かう…
豪華キャストが繰り出す笑いと涙の痛快エンタテイメント。

8位 「君たちはどう生きるか」

宮崎駿監督が10年ぶりに手がける長編アニメーション。
2023年7月14日(金)に公開され、興収88.7億円。(2024年2月8日現在)
宮崎駿監督が原作・脚本を務めるオリジナル・ストーリーが展開。タイトルは吉野源三郎の小説から由来
公開まであらすじ、キャスト・スタッフなどの情報が告知されないことを、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが明言。

9位 「市子」

杉咲花主演である女性の切なくも壮絶な人生を描いたドラマ。戸田彬弘監督が主宰する劇団チーズtheaterの旗揚げ公演として上演した舞台「川辺市子のために」を映画化。若葉竜也、宇野祥平ほかが共演。
2023年12月8日(金)に公開され、興収0.1億円。
3年間一緒に暮らしてきた恋人からプロポーズを受けた翌日に失踪した川辺市子の壮絶人生…
第78回毎日映画コンクールで杉咲花が女優主演賞を受賞。
誰も想像できなかった、彼女の真実。

10位 「BAD LANDS バッド・ランズ」

原田眞人監督安藤サクラ山田涼介共演のクライム・サスペンス。黒川博行の小説「勁草」を映画化。宇崎竜童、生瀬勝久、吉原光夫、江口のりこほかが共演。
2023年9月29日(金)公開。
特殊詐欺を生業とする橋岡煉梨と矢代穣の姉弟は思いがけず3億円もの大金を手にし、様々な巨悪から狙われる…
姉弟が向かう先は”天国”か”地獄”か。予測不能のクライム・サスペンス。

情報元: キネマ旬報ベスト・テン
キネマ旬報 2024年2月増刊




第97回キネマ旬報ベスト・テンが発表。外国映画ベスト・テンでどの作品を見ましたか?




第97回キネマ旬報ベスト・テンが発表。外国映画ベスト・テンでどの作品を見ましたか?

1位はケイト・ブランシェット主演「TAR ター」
2位はマーティン・スコセッシ監督「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」
続いてアキ・カウリスマキ監督「枯れ葉」、カンヌ国際映画祭審査員賞受賞「EO イーオー」、スティーヴン・スピルバーグ監督「フェイブルマンズ」、マーティン・マクドナー監督「イニシェリン島の精霊」… 外国映画ベスト・テンは→

第97回キネマ旬報ベスト・テンの外国映画ベスト・テンは次の通りです。
1位 「TAR ター」(原題 TAR)

ケイト・ブランシェット主演、天才指揮者リディア・ターの物語。「リトル・チルドレン」のトッド・フィールドが監督・脚本・製作ニーナ・ホス、ノエミ・メルランほかが共演。
2023年5月12日(金)に公開され、興収0.3億円。
ベルリンフィル初の女性マエストロとなったリディア・ターが重圧や陰謀により追い詰められていく…
第80回ゴールデン・グローブ賞でドラマ部門主演女優賞第79回ベネチア国際映画祭でポルピ杯(最優秀女優賞)を受賞。

2位 「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」(原題 Killers of the Flower Moon)

マーティン・スコセッシ監督レオナルド・ディカプリオ主演で実話を基に描いた西部劇サスペンス。ロバート・デ・ニーロ、リリー・グラッドストーン、ジェシー・プレモンスほかが共演。
2023年10月20日(金)に公開され、興収2.5億円。
石油を採掘したアメリカ先住民の部族から富を奪おうと悪事を加速させていく白人たちを、ある男女の恋を絡めて描く…
オクラホマで起こった先住民族の連続殺人という悲惨な事件をスリリングかつエモーショナルに描く…

3位 「枯れ葉」(原題 Kuolleet lehdet)

フィンランドの名匠アキ・カウリスマキ監督が5年ぶりに手掛けたラブ・ストーリー。アルマ・ポウスティ、ユッシ・バタネンほかが共演。
2023年12月15日(金)公開。
フィンランドのヘルシンキを舞台に孤独を抱えながら生きる男女が、かけがえのないパートナーを見つけようとする…
第76回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞第96回アカデミー賞で国際長篇映画賞のフィンランド代表に選出
戦争や暴力がはびこる世の中で、たったひとつの愛を信じつづける恋人たちの姿…

4位 「EO イーオー」(原題 EO)

カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞。ロバの目を通して描かれる現代の寓話、5月5日(金)公開。「エッセンシャル・キリング」のポーランドのイエジー・スコリモフスキが監督・脚本・製作サンドラ・ドルジマルスカほかが共演。
心優しきパフォーマーのカサンドラとサーカス団で暮らしていたロバのEOは、ある日サーカス団から連れ出されてしまう…
第75回カンヌ国際映画祭で審査員賞、作曲賞を受賞第95回アカデミー賞で国際長編映画賞にノミネート
一頭のロバの目を通して描かれる人間のおかしさと愚かさ。

5位 「フェイブルマンズ」(原題 The Fablemans)

スティーヴン・スピルバーグ監督が映画監督になる夢を叶えた自身の原体験を描いたドラマ。ガブリエル・ラベル、ミシェル・ウィリアムズ、ポール・ダノほかが共演。
2023年3月3日(金)に公開され、興収1.9億円。
初めて訪れた映画館で映画に魅了された少年サミー・フェイブルマンが様々な人々との出会いを通じて映画監督になる夢を追い求める…
第80回ゴールデン・グローブ賞でドラマ部門の作品賞、監督賞を受賞。第95回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演女優賞ほか7部門にノミネート。

6位 「イニシェリン島の精霊」(原題 The Banshees of Inisherin)

「スリー・ビルボード」のマーティン・マクドナー監督が人の死を予告するというアイルランドの精霊バンシーを描いたヒューマン・ドラマ。コリン・ファレル、ブレンダン・グリーソンほかが共演。
2023年1月27日(金)に公開され、興収1.0億円。
島民全員が顔見知りであるアイルランドの孤島を舞台に親友同士の男たちの間で起こる絶縁騒動…
第80回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門で作品賞、コリン・ファレルが主演男優賞、脚本賞を受賞。
第74回ヴェネチア国際映画祭で脚本賞、コリン・ファレルがポルピ杯(最優秀男優賞)の2部門トロント国際映画祭で最高賞の観客賞を受賞。
才気に満ちたセリフの応酬とともに喜劇と悲劇のはざまを揺れ続け、突然訪れるクライマックス…

7位 「別れる決心」(原題 Decision to Leave)

パク・チャヌク監督が殺人事件を追う刑事と被疑者が惹かれ合っていく姿を描いたサスペンス・ドラマ。パク・ヘイル、タン・ウェイほかが共演。
2023年2月17日(金)公開。
ある殺人事件をきっかけに刑事と被疑者として出会った男女が疑念を抱きながらも惹かれ合っていく…
第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で監督賞を受賞
刑事と容疑者はひとつ目の殺人で別れ、ふたつ目の殺人で再会する。疑うほどに惹かれあうサスペンス・ロマン。

8位 「エンパイア・オブ・ライト」(原題 Empire of Light)

サム・メンデス監督オリヴィア・コールマン主演で描いた映画と映画館への讃歌。マイケル・ウォード、コリン・ファースほかが共演。
2023年2月23日(木・祝)に公開され、興収0.2億円。
1980年のイギリスの映画館で心に闇を抱えながら働くヒラリーが青年スティーヴンと出会い、心を通わせながら、生きる希望を見出していく…
1980年のイギリス南岸の静かなリゾート地に生きる人々の絆と”映画と映画館という魔法”。

9位 「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」(原題 Everything Everywhere All at Once)

ミシェル・ヨー主演の空前絶後のアクション・エンターテインント。ダニエル・クワン、ダニエル・シャイナートが監督
2023年3月3日(金)に公開され、興収8.5億円。
赤字コインランドリーの経営に頭を抱えるエヴリンがマルチバースにジャンプし、カンフーの達人の”別の宇宙のエヴリン”の力を得て、巨大な悪と闘う…
第95回アカデミー賞で作品賞、監督賞、ミシェル・ヨーが主演女優賞、キー・ホイ・クァンが助演男優賞、ジェイミー・リー・カーティスが助演女優賞、脚本賞、編集賞の7部門、第80回ゴールデン・グローブ賞でミシェル・ヨーがミュージカル・コメディ部門主演女優賞、キー・ホイ・クァンが助演男優賞の2部門を受賞。
マルチバースとカンフーで世界を救え!?A24が贈る空前絶後のアクション・エンターテイメント。

10位 「ウーマン・トーキング 私たちの選択」(原題 Women Talking)

サラ・ポーリーが監督・脚本、尊厳を守るための女性たちの物語。南米ボリビアで実際にあった事件を基にしたミリアム・トウズの小説を映画化。ルーニー・マーラ、クレア・フォイ、ジェシー・バックリー、ベン・ウィショーほかが共演。
2023年6月2日(金)公開。
キリスト教一派の村で性暴力に遭った女性たちが自らの未来を懸けた話し合いを行う…
第95回アカデミー賞で脚色賞を受賞。
実話を基にした、自らの尊厳を守るために語り合った女性たちの物語。

情報元: キネマ旬報ベスト・テン
キネマ旬報 2024年2月増刊