吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希共演、山崎貴監督で昭和の東京を舞台にしたヒューマン・ドラマの第3弾「ALWAYS 三丁目の夕日’64」、NHK BSプレミアムで7月15日(月)放送。

Pocket




山崎貴監督が描いた昭和の東京を舞台にしたヒューマン・ドラマの第3弾「ALWAYS 三丁目の夕日’64」、NHK BSプレミアムで7月15日(月)放送。
ALWAYS 三丁目の夕日‘64
西岸良平のロングセラーコミックを山崎貴監督が映画化した、昭和の東京を舞台にしたヒューマン・ドラマの第3弾「ALWAYS 三丁目の夕日’64」
2012年1月21日(土)に公開され、興収34.4億円。
東京オリンピックや新幹線開通に沸く昭和39年の東京。東京の下町・夕日町三丁目に暮らす個性豊かな住民たちの悲喜こもごもを描き出す…

東京オリンピックや新幹線開通に沸く昭和39年の東京。下町の夕日町三丁目に暮らす小説家の茶川竜之介は結婚したヒロミと高校生になった淳之介と楽しい毎日を送っていた。しかし連載中の「銀河少年ミノル」が謎の新人作家の緑沼アキラに人気を奪われ窮地に陥る。一方、お向かいの鈴木オートでは、いまやすっかり頼もしくなった従業員の六子に初々しいロマンスが芽生えようとしていた…

西岸良平のロングセラーコミックを山崎貴監督が映画化したシリーズ第3弾。
茶川竜之介には吉岡秀隆、茶川ヒロミには小雪
鈴木則文には堤真一、鈴木トモエには薬師丸ひろ子、星野六子には堀北真希
三浦友和もたいまさこほかおなじみの三丁目の住民たちが共演。
今回は森山未來大森南朋が新しく参加。

昭和39年のノルタルジックな風景の中、二人の若者の旅立ちを中心に、幸せの意味を考えさせてくれ、心を暖かくしてくれます。三丁目の夕日はきれいです。

★「ALWAYS 三丁目の夕日’64」
NHK BSプレミアム
7月15日(月)
21:00~23:17



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です