5月16日は第1回アカデミー賞が発表された日。ここ6年間のアカデミー賞作品賞受賞作で印象深いのはどの作品ですか?





5月16日は第1回アカデミー賞が発表された日。ここ6年間のアカデミー賞作品賞受賞作で印象深いのはどの作品ですか?
academy_awards01
1929年5月16日にカリフォルニア州ハリウッドで第1回アカデミー賞の授賞式が行われました。
第1回アカデミー賞で作品賞を受賞したのはウィリアム・A・ウェルマン監督「つばさ」(原題 Wings)
wings
芸術作品賞は「サンライズ」、コメディ監督賞は「美人国二人行脚」のルイス・マイルストン、ドラマ監督賞は「第七天国」のフランク・ボーゼイジ、主演男優賞は「最後の命令」、「肉体の道」のエミール・ヤニングス、主演女優賞は「第七天国」、「街の天使」、「サンライズ」のジャネット・ゲイナー、原案賞は「暗黒街」、脚色賞は「第七天国」、撮影賞は「サンライズ」、美術賞は「赤い鳩」、「テンペスト」、技術効果賞は「つばさ」が受賞しました。

この6年間のアカデミー賞作品賞を受賞したのは第85回が「アルゴ」、第86回が「それでも夜は明ける」、第87回が「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」、第88回が「スポットライト 世紀のスクープ」、第89回が「ムーンライト」、第90回が「シェイプ・オブ・ウォーター」でした。
この6作品の中で印象深いのはどの作品ですか?

「アルゴ」(原題 Argo)
アルゴ
ベン・アフレックが製作・監督・主演のCIAによる奇想天外な救出作戦を描いた社会派サスペンス。
2012年10月26日(金)に公開され、興収3.3億円。
1979年のテヘランで実際に起きたアメリカ大使館人質事件における6人のアメリカ人の決死の救出作戦を描く。
第85回アカデミー賞で作品賞、脚色賞、編集賞の3部門を受賞。
実話に基づいた前代未聞の人質救出作戦。CIAの人質奪還のプロ、トニー・メンデスがいかに人質を救出するのか、全編緊張感あふれる展開で、最後まで飽きさせることなく、終わった後には思わず拍手を贈りたくなり、笑みがこぼれる、そんな作品です。

「それでも夜は明ける」(原題 12 Years A Slave)
それでも夜は明ける02
スティーヴ・マックィーン監督キウェテル・イジョフォー主演で19世紀前半に実在した黒人男性ソロモン・ノーサップの自伝を映画化した伝記ドラマ。
2014年3月7日(金)に公開され、興収4億円。
突然誘拐され、奴隷として売られた黒人音楽家・ソロモン。差別と虐待を受ける日々を耐え忍ぶが、ある男との出会いが彼の運命を大きく変えることになる…
第86回アカデミー賞で作品賞、助演女優賞、脚色賞の3部門を受賞。
実話を基に奴隷制度の残酷さ、非道さを描きつつ、暗闇に光る”希望”に気づかせてくれます。

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」(原題 Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
バードマン_new
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督マイケル・キートン主演で再起をかけてブロードウェイの舞台に挑んだ落ちぶれた俳優の姿を描いたブラック・コメディ。
2015年4月10日(金)に公開され、興収4.3億円。
「バードマン」というヒーロー映画で一世を風靡した俳優が再起をかけてブロードウェイの舞台に挑む…
第87回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞の4部門を受賞。
不条理なストーリーと独特の世界観、まるでワンカットで撮影されたかのようなカメラワークなどアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の独特な映像とマイケル・キートンの狂気に満ちた演技に引き込まれていきます。

「スポットライト 世紀のスクープ」(原題 The Spotlight)
スポットライト 世紀のスクープ_アカデミー賞
新聞記者たちがカトリック教会のスキャンダルを暴いた実話をトム・マッカーシー監督マーク・ラファロマイケル・キートンレイチェル・マクアダムスほか共演で映画化したドラマ。
2016年4月15日(金)に公開され、興収4.4億円。
カトリック教会が長年隠蔽してきた児童虐待スキャンダルを暴き出し、巨大な権力に立ち向かっていった新聞記者たちのジャーナリズム魂と不屈の執念を描く…
第88回アカデミー賞で作品賞、脚本賞を受賞
世紀のスクープを追った記者チームの奮闘ぶりと信念を緊迫感あふれる映像で描いていて、マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムスが新聞記者魂を見事に体現していて、見応えがあります。

「ムーンライト」(原題 Moonlight)

バリー・ジェンキンス監督が様々な困難に遭いながらも強く生きるアフリカ系アメリカ人少年を描いたドラマ。
2017年3月31日(金)に公開され、興収3.5億円。
マイアミを舞台に自分の居場所とアイデンティティを探すアフリカ系アメリカ人少年の成長を少年期、ティーンエイジャー期、成人期と3つの時代構成で描く…
第89回アカデミー賞で作品賞、脚色賞、マハーシャラ・アリが助演男優賞の3部門受賞。
ドラッグ、差別、虐待…アメリカの現代社会の闇。自分の中の本当の心の光を探そうとするシャロンのもがきが痛いほどに突き刺さってきます。

「シェイプ・オブ・ウォーター」(原題 The Shape of Water)

ギレルモ・デル・トロ監督サリー・ホーキンス主演で描いた種族を超えた愛を描いたファンタジー・ロマンス。
2018年3月1日(木)に公開され、興収7.6億円。
冷戦時代のアメリカを舞台に政府の極秘研究所に勤めるイライザが秘かに運び込まれた不思議な生きものに出会い、惹かれていく…
第90回アカデミー賞で作品賞、監督賞、美術賞、作曲賞の4部門、第75回ゴールデン・グローブ賞で監督賞、作曲賞の2部門、第74回ヴェネチア映画祭で金獅子賞を受賞。
様々な陰謀や差別がうごめく中で繰り広げられる、種族を超えたラブ・ストーリー。独特の映像と世界観で描かれたギレルモ・デル・トロ監督版”美女と野獣”。感動させられます。

ここ6年間のアカデミー賞作品賞受賞作で印象深いのはどの作品ですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です