日本推理作家協会賞短編部門を受賞した湊かなえの短編小説を貫地谷しほり、大東駿介主演で映画化したミステリー「望郷」、見たいですか?

Pocket




日本推理作家協会賞短編部門を受賞した湊かなえの短編小説菊地健雄監督貫地谷しほり大東駿介主演で映画化したミステリー「望郷」、9月16日(土)から新宿武蔵野館ほか全国順次公開。
日本推理作家協会賞短編部門を受賞した湊かなえの短編小説を映画化、見たいですか?

家に縛られた娘。亡き父に後悔をもつ息子。ある島で起こる、ふたつの親子の物語。

都会から離れた島で窮屈さを感じながら育った夢都子は幸せな家庭を築いていた。ある日、幼いころからの自由の象徴だった「ドリームランド」が閉園することを知り、彼女は長年思い続けてきたことを語り始める。一方、本土から9年ぶりに帰郷した航のもとに亡き父の教え子だという人物がやってきて、航は確執を抱えたまま死別した父の真意を知る…

第65回日本推理作家協会賞短編部門を受賞した湊かなえの短編集「望郷」の「夢の国」、「光の航路」の2編を「ディアーディアー」、「ハローグッバイ」の菊地健雄監督が映画化。

「夢の国」の田山夢都子には貫地谷しほり、「光の航路」の大崎航には大東駿介
夢都子の母には木村多江、航の父には緒形直人

ある島で起こる2組の親子の過去と未来をつなぐ物語。楽しみです。

「望郷」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です