9月21日はスティーヴン・キングの誕生日。映画化された中でどの作品が好きですか?

Pocket




9月21日はスティーヴン・キングの誕生日。映画化された中でどの作品が好きですか?
stephen_king
スティーヴン・キングは1947年9月21日にメイン州ポートランドで生まれました。
1974年に長編「キャリー」でデビュー。
ジャンルはホラーが多く、従来の「非現実的な世界を舞台とした、怪奇小説としてのホラー」とは異なる「モダン・ホラー」の開拓者にして第一人者とされています。
他にも「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」など日常の中に潜む「ちょっとした不思議」を題材にした作品も目立っています。
14742816317130
映画化された作品では「キャリー」「シャイニング」「スタンド・バイ・ミー」「ミザリー」「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」など。

映画化された主な作品は次の通りです。
「キャリー」(原題 Carrie)
キャリー1976
巨匠ブライアン・デ・パルマ監督がシシー・スペイセク主演で映画化したホラーの傑作。
1977年3月3日(土)に公開され、配収5.72億円。
念動力の持ち主であるいじめられっ子の少女キャリーがプロムでひどい目に遭い、抑圧されていた怒りや苦しみを爆発させたことから起きる恐怖と悲劇を描く…
切なくていとおしいブライアン・デ・パルマ監督の初期の大傑作のホラーです。

2013年に「ボーイズ・ドント・クライ」のキンバリー・ピアース監督クロエ・グレース・モレッツ主演で再映画化。
carrie_2013

「シャイニング」 (原題 The Shining)
シャイニング
スタンリー・キューブリック監督ジャック・ニコルソン主演で大胆な解釈で映画化した衝撃のサスペンス・ホラー。
1980年12月13日(土)に公開され、配収4.9億円。
ロッキー山上にそびえる謎めいたオーバールックホテル。ジャック・トランスは管理人として妻のウェンディと息子のダニーと共に住み込む。訪れることから始まる。息子のダニーは不思議な能力「輝き”Shining”」を持つ少年であり、この場所で様々な超常現象を目撃するするようになる…
スティーヴン・キングの原作をスタンリー・キューブリックが大胆な解釈で映像化したサスペンス・ホラーの傑作。ジャック・ニコルソンの鬼気迫る演技が光ります。

「スタンド・バイ・ミー」(原題 Stand By Me)
スタンド・バイ・ミー
ロブ・ライナー監督が短編小説を映画化した青春ドラマの名作。
1987年4月18日(土)に公開され、配収5.26億円のヒット。
1950年代のアメリカの田舎町を舞台に、行方不明になった少年の死体探しに出掛けた少年たちの冒険をノスタルジックに描く…
笑い合ったり、ささいな事で怒ったり、突然不安に襲われたり…少年期特有の心情が見事に描かれていて、かつて少年だった大人にはたまらない青春ドラマの名作です。ベン・E・キングの”Stand By Me”が、この作品の切なさを代弁しています。

「ミザリー」 (原題 Misery)
ミザリー
ロブ・ライナー監督キャシー・ベイツジェームズ・カーン共演で映画化したサイコ・ホラー。
1991年2月2日(土)に公開され、配収3.1億円。
「ミザリー」シリーズで有名な人気作家ポールは雪道で事故に遭い、瀕死の状態を元看護婦のアニーに救われる。熱狂的愛読者だった彼女は手厚く介護するが、新作でヒロインが死んだことを知り逆上し、ポールに心理的・肉体的拷問を加え始める…
キャシー・ベイツが第63回アカデミー賞で主演女優賞受賞。
優しい看護婦から狂気の淵に落ちてゆくサイコキラーをキャシー・ベイツが鬼気迫る迫力で演じたサイコ・ホラーの名作です。

「ショーシャンクの空に」(原題 The Shawshank Redemption)
ショーシャンクの空に02
フランク・ダラボン監督が脚本も担当し、ティム・ロビンスモーガン・フリーマン共演で映画化。
1995年6月3日(土)に公開され、配収3億円。
無実の罪で“ショーシャンク刑務所”に投獄された銀行員・アンディ。彼は20年にも及ぶ刑務所暮らしにもめげず心に秘めた希望と持ち前の明るさで受刑者たちの信望を集め、やがて無罪となる重要な証拠を得る…
第67回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、脚色賞ほか7部門でノミネート。
心に残る名場面の数々。ティム・ロビンス、モーガン・フリーマンの名演。何度見ても感動し、心を熱くしてくれる名作です。

「グリーンマイル」(原題 The Green Mile)
グリーンマイル
フランク・ダラボン監督トム・ハンクス主演で映画化。奇跡の力を持つ黒人死刑囚と彼を見守る看守たちの姿を描いたヒューマン・ドラマ。
2000年3月25日(土)に公開され、興収65億円の大ヒット。
コールド・マウンテン刑務所の看守の下にやって来た殺人犯のジョン。その罪状とは裏腹に、子供のように純粋な心を持ち、不思議な力で死刑囚舎房”グリーンマイル”を奇跡の光で満たしていく…
トム・ハンクス、マイケル・クラーク・ダンカンの演技が光る感動作。「ショーシャンクの空に」のフランク・ダラボン監督ならではの感動作で必見です。

これからも活躍を期待したい作家のスティーヴン・キング
映画化された中でどの作品が好きですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です