カンヌ国際映画祭でカメラドールのスペシャルメンションに選出。倍賞千恵子主演「PLAN 75」、6月17日(金)公開。

Pocket




カンヌ国際映画祭でカメラドールのスペシャルメンションに選出倍賞千恵子主演「PLAN 75」、6月17日(金)公開。

75歳以上の高齢者に自ら死を選ぶ権利を保障・支援する制度<プラン75>の施行された社会がその制度に振り回される…

超高齢化社会を迎えた日本では、75歳以上の高齢者が自ら死を選ぶ<プラン75>という制度が施行され、様々な議論を呼ぶが、超高齢化社会の問題解決策として世間に受け入れられていた。78歳の角谷ミチは夫と死別後、ホテルの客室清掃員をしながら一人で暮らしてきたが、高齢を理由に退職を余儀なくされたため、<プラン75>の申請を考える…

是枝裕和が総合監修を務めたオムニバス「十年 Ten Years Japan」の一編「PLAN 75」長編初監督となる早川千絵が監督・脚本を手掛けて新たに構成。

一人暮らしの角谷ミチには倍賞千恵子
市役所の<プラン75>の申請窓口で働くヒロムには磯村勇斗
河合優実、たかお鷹、ステファニー・アリアン、大方斐紗子、串田和美ほかが共演。
第75回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に出品。初長編作品に与えられるカメラドールのスペシャルメンション(次点)に選出


75歳から自らの生死を選択できる制度<プラン75>。果たして、是か、非か…

「PLAN 75」公式サイト

「PLAN 75」公開劇場リスト




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。