東京国際映画祭で最優秀女優賞と観客賞を受賞したドミニク・モル監督のミステリー「悪なき殺人」、12月3日(金)から劇場公開、4日(土)からデジタル配信。

Pocket




東京国際映画祭で最優秀女優賞と観客賞を受賞したドミニク・モル監督のミステリー「悪なき殺人」(原題 Seules les betes, Only The Animals)、12月3日(金)から劇場公開、4日(土)からデジタル配信。

フランスの人里離れた町で起きた女性失踪事件を軸に思いもよらない形でつながっていく5人の男女の物語。

フランスの人里離れた町で吹雪の夜に一人の女性が失踪し、何者かに殺されて見つかる。農夫のジョゼフ、彼と不倫関係にあったアリス、彼女の夫ミシェルが疑われるが、彼らはある偶然の出来事で事件とつながっていた。事件はアフリカのコートジボワールにまでつながっていき、やがて思わぬ方向に向かう…

「ハリー、見知らぬ友人」のドミニク・モルが監督
「グレース・オブ・ゴッド 告発の時」のドゥニ・メノーシェ、「パパは奮闘中!」のロール・カラミー、「レ・ミゼラブル」のダミアン・ボナール、ナディア・テレスキウィッツ、バスティアン・ブイヨン、ギイ・ロジェ・”ビビーゼ”・ンドゥリンほかが共演。
第32回東京国際映画祭コンペティション部門でナディア・テレスキウィッツが最優秀女優賞、観客賞の2部門受賞。(映画祭上映時タイトルは「動物だけが知っている」)


2019年の東京国際映画祭で「偶然」をテーマに練りに練られた脚本が大きな話題を呼んだミステリー。

「悪なき殺人」公式サイト

「悪なき殺人」公開劇場リスト




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です