大ヒットミュージカルをトム・フーバー監督が豪華俳優陣で実写映画化した「キャッツ」の最新予告編が公開。

Pocket




大ヒットミュージカルをトム・フーバー監督が豪華俳優陣で実写映画化した「キャッツ」(原題 Cats)、2020年1月24日(金)公開。

最新予告編が公開されましたが、見ましたか?
名曲「メモリー」に合わせて繰り広げられる「猫たちの人生を変える特別な夜の物語」。

ロンドンの一角で逆境の中でもしたたかに生きる個性豊かな”ジェリクルキャッツ”と呼ばれる猫たち。満月が輝くある夜、年に一度開かれる「ジェリクル舞踏会」に参加するため、街の片隅のゴミ捨て場にジェリクルキャッツたちが集まってくる。その日は、新しい人生を生きることを許される、たった一匹の猫が選ばれる特別な夜であり、猫たちは夜を徹して歌い踊る…

1981年のロンドン初演以来、世界中で愛され続けるミュージカル「キャッツ」。ノーベル賞を受賞したT・S・エリオットの詩集を「オペラ座の怪人」などで知られるアンドリュー・ロイド=ウェバーが作曲、「レ・ミゼラブル」のキャメロン・マッキントッシュがプロデュース
日本公演は通算1万回を記録。

大ヒットミュージカルを「英国王のスピーチ」のトム・フーパーが監督スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮、ブロードウェイ版「キャッツ」にも参加したアンディ・ブランケンビューラーが振り付けを手掛けて実写映画化。
白猫のヴィクトリアには英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルダンサーを務めるフランチェスカ・ヘイワード
グリザベラにはジェニファー・ハドソン、ボンバルリーナにはテイラー・スウィフト、オールドデュトロノミーにはジュディ・デンチ、マキャヴィティにはイドリス・エルバ、ガスにはイアン・マッケラン、ジェニエニドッツにはレベル・ウィルソン、バストファー・ジョーンズにはジェームズ・コーデン

“生歌”にこだわったトム・フーバー監督はキャスト陣が撮影現場で響かせた歌を収録。歌唱力を認められたキャストたちの演技。

「キャッツ」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です