セザール賞で監督賞ほか5部門受賞。アルベール・デュポンテル監督のクライム・ドラマ「天国でまた会おう」、3月1日(金)公開。

Pocket




アルベール・デュポンテル監督が第1次世界大戦後のフランスで2人の帰還兵が企てた大胆な詐欺事件を描いたクライム・ドラマ「天国でまた会おう」(原題 Au revoir la-haut)、3月1日(金)公開。

セザール賞で監督賞、脚色賞、撮影賞、衣裳デザイン賞、美術賞の5部門受賞。
第1次世界大戦で何もかも失った御曹司のエドゥアールと相棒のアルベールが人生を取り戻すため、国を相手に大胆な詐欺を企てる…

第1次世界大戦の終結目前のフランス。御曹司のエドゥアールは、小心者の簿記係のアルベールの命を助け、顔に重傷を負ってしまう。良家の御曹司で才能あるアーティストであるエドゥアールは家族にも会いたくないと戦死を偽装。戦後、パリに戻った2人は貧しい共同生活をスタートさせる。そんな折、かつて彼らの上官が財を築いていたことを知った2人は前代未聞の詐欺計画を企てる…

「このミステリーがすごい!」大賞、週刊文春ミステリーベスト10など、日本の名だたるブックランキングを受賞したピエール・ルメートルの小説を自身が脚本を手掛け、「ベルニー」のアルベール・デュポンテルが監督・出演・共同脚本を担当して実写映画化。

画家を夢見る御曹司のエドゥアールには「BPM ビート・パー・ミニット」のナウエル・ペレーズ・ビスカヤート
戦場で生き埋めにされたアルベールには監督を務めるアルベール・デュポンテル
「エル ELLE」のロラン・ラフィット、「パリよ、永遠に」のニエル・アレストリュプほかが共演。
第43回セザール賞で監督賞、脚色賞、撮影賞、衣裳デザイン賞、美術賞の5部門受賞。

めくるめく魔術のような映像と先の読めない展開。第一次大戦で死にかけ、壮大な詐欺事件を企てた歳の離れた二人の友情。

「天国でまた会おう」公式サイト

「天国でまた会おう」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です