町田康の小説を宮藤官九郎が脚本、石井岳龍が監督、綾野剛主演で映画化した時代劇「パンク侍、斬られて候」、6月30日(土)公開。

Pocket




町田康の小説宮藤官九郎が脚本石井岳龍が監督綾野剛主演で映画化した時代劇「パンク侍、斬られて候」、6月30日(土)公開。

“超人的剣客”にして”超テキトーなプータロー侍の掛十之進が、自らまいた種によって大惨事に見舞われる…

始まりは一つのハッタリ。発令される隠密ミッション。”超人的剣客”にして”超テキトーなプータロー侍の掛十之進たち”10人男”の腹の探り合いと”1人の女”をめぐる恋の行方。そして”1人の猿”が語り出す驚きの秘密。最後に斬られるのは誰だ!?この世のものとは思えない物語が始まる…

dTVが映像配信事業者で初めて実写映画を制作町田康の小説宮藤官九郎が脚本、「シャニダールの花」の石井岳龍が監督を手掛けて映画化した時代劇。

掛十之進には綾野剛
北川景子東出昌大染谷将太近藤公園渋川清彦若葉竜也村上淳浅野忠信國村隼豊川悦司ほかが共演。
主題歌はセックス・ピストルズの「アナーキー・イン・ザ・U.K.」

江戸時代を舞台にしながらも、現代風の口調による滑稽な会話劇、次から次へと登場する特異なキャラクター、現代風の口調による滑稽な会話劇、破天荒なストーリー展開。

「パンク侍、斬られて候」公式サイト

「パンク侍、斬られて候」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。