犬童一心監督が沢尻エリカ、吉沢亮共演でこじらせアラサ―女子と猫の不思議な関係を描いた”最キュン”猫映画「猫は抱くもの」、6月23日(土)公開。

Pocket




犬童一心監督沢尻エリカ吉沢亮共演でこじらせアラサ―女子と猫の不思議な関係を描いた”最キュン”猫映画「猫は抱くもの」、6月23日(土)公開。

こじらせアラサ―女子と自分を人間だと思い込むロシアンブルーの猫のちょっと不思議な関係…

アイドルグループ「サニーズ」の一員として元アイドルでスーパーで働くアラサーの大石沙織は、自分が思い描く理想の姿になれず、投げやりな毎日を送っていた。そんな彼女にとって、唯一心を許せる存在は、ペットショップで売れ残っていたロシアンブルーのオス猫の良男だけ。沙織の心に寄り添う良男はいつしか自分を人間だと信じ込み、恋人しての役目を果たそうとする…

「猫弁」シリーズの大山淳子の小説を「ジョゼと虎と魚たち」、「メゾン・ド・ヒミコ」の犬童一心が監督、「オーバー・フェンス」の高田亮が脚本を手掛けて映画化。

アラサーの大石沙織には約6年ぶりの映画主演となる沢尻エリカ
ロシアンブルーのオス猫の良男には吉沢亮
「銀杏BOYZ」の峯田和伸、「水曜日のカンパネラ」のコムアイほかが共演。
音楽は「水曜日のカンパネラ」
エンディング・ソングはアイドルグループ「サニーズ」の「ロマンス交差点」

「人の視点」と「猫の視点」を取り入れ、主人公と猫の関係を立体的に浮かび上がらせた斬新なアプローチ。なりたい自分になれてない、猫と大人の再生の物語。

「猫は抱くもの」公式サイト

「猫は抱くもの」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です