4月19日はジェームズ・フランコの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?

Pocket




4月19日はジェームズ・フランコの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?
James Franco_GQ
ジェームズ・フランコは1978年4月19日にカリフォルニア州パロアルトで生まれました。
2001年にテレビ映画「DEAN/ディーン」でジェームス・ディーンを演じ、第59回ゴールデングローブ賞ミニシリーズ・テレビ映画部門主演男優賞を受賞し、サム・ライミ監督「スパイダーマン」でハリー・オズボーンに抜擢。
DEAN_ディーン
その後、ダニー・ボイル監督「127時間」、「猿の惑星」の前日譚を描いた「猿の惑星: 創世記(ジェネシス)」、サム・ライミ監督「オズ はじまりの戦い」「スプリング・ブレイカーズ」、公開中止騒動を巻き起こした「ザ・インタビュー」などに出演してきました。

ジェームズ・フランコの主な出演作品は次の通りです。
「スパイダーマン」(原題 Spider-Man)
スパイダーマン
世界中で愛されてきたマーベル・コミックの人気ヒーローをサム・ライミ監督トビー・マグワイア主演で実写映画化。
2002年5月11日(土)に公開され、興収75億円。
ニューヨークを舞台に、恋に悩み正義に葛藤する等身大のヒーロー”スパイダーマン”の活躍を描く…
ジェームズ・フランコはピーターの親友のハリー・オズボーンを熱演。
ピーター・パーカーの苦悩と成長の物語とグリーン・ゴブリンとの迫力あふれる戦いをサム・ライミ監督ならではの映像で描かれていて、思いっきり楽しめます。

続編2作でもハリー・オズボーンとして出演。
「スパイダーマン2」(原題 Spider-Man 2)は2004年7月10日(土)に公開され、興収67億円。
実験中の事故で怪人となってしまった”ドック・オク”とスパイダーマンとの対決を描く…

「スパイダーマン3」(原題 Spider-Man 3)は2007年5月1日(火)に公開され、興収71.2億円
謎の黒い液状生命体に取り憑かれ、憎しみの感情に支配されてしまったピーターの心の葛藤とニュー・ゴブリン、サンドマンとの戦いを描く…

「127時間」(原題 127 Hours)
127時間
ダニー・ボイル監督が青年登山家アーロン・ラルストンの奇跡の実話を映画化したサバイバル・サスペンス。
2011年6月18日(金)公開。
単独でのロッククライミング中の事故により、谷間で身動きの取れなくなった青年登山家アーロン・ラルストンの極限状態での体験をスリリングに描く…
ジェームズ・フランコは青年登山家アーロン・ラルストンを熱演し、第83回アカデミー賞、第68回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門で主演男優賞にノミネート。
ダニー・ボイル監督らしいスタイリッュな映像で生きることの大切さをスリリングに訴えかけてくる作品です。

「猿の惑星: 創世記(ジェネシス)」(原題 Rise of the Planet of the Apes)
猿の惑星_創世記
ルパート・ワイアット監督が「猿の惑星」の起源を描いたSFアクション。
2011年10月7日(金)に公開され、興収24.2億円のヒット。
現代のサンフランシスコを舞台に、遺伝子工学の実験によって突然変異的な進化を遂げた猿「シーザー」が自我に目覚めて人類に反旗を翻す…
ジェームズ・フランコは神経科学者のウィル・ロッドマンを演じ、神の領域に踏み込んでしまったことから人類の悲劇が始まってしまう…

「オズ はじまりの戦い」(原題 Oz:the Great and Powerful)
オズ_はじまりの戦い02
サム・ライミ監督ミラ・クニスミシェル・ウィリアムズ共演で若き日のオズを描いたファンタジー・アドベンチャー。
2013年3月8日(金)に公開され、興収17.8億円のヒット。
魔法の国に迷いこんでしまった奇術師の青年のオズがひょんな誤解から救世主に祭り上げられてしまい、3人の魔女と繰り広げる過酷な冒険を通して次第に成長していく…
ジェームズ・フランコは若き日のオズを好演。
サム・ライミ監督らしい映像マジックでオズのファンタジーの世界の美しさは半端なく、ジェームズ・フランコと3人の美女、ミラ・クニス、ミシェル・ウィリアムズ、レイチェル・ワイズの共演も見所です。

「スプリング・ブレイカーズ」(原題 Spring Breakers)
スプリング・ブレイカーズ
ハーモニー・コリン監督セレーナ・ゴメスヴァネッサ・ハジェンズ共演で犯罪の世界に足を踏み入れていく女子大生4人組の危険な春休みを描いた青春クライム・ムービー。
2013年6月15日(土)公開。
刺激を求めてフロリダ旅行へ出掛けた女子大生4人が“エイリアン”と名乗る謎の男と出会ったことで危険な犯罪の世界に足を踏み入れていく…
ジェームズ・フランコは謎の男エイリアンを演じ、LA批評家協会賞などで助演男優賞を受賞。
思春期特有の少女たちの不安や妄想、願望を描いていて、謎の男を演じるジェームズ・フランコの演技が光ります。

「ザ・インタビュー(仮)」(原題 The Interview)
the-interview
エヴァン・ゴールドバーグ監督セス・ローゲン共演で北朝鮮の金正恩第一書記の暗殺計画を描いたコメディ。
アメリカでは公開中止の騒動が巻き起こり、2014年12月にネット配信され、劇場で限定公開。日本では未公開。
トーク番組司会者を務める2人の記者が、朝鮮労働党第一書記金正恩へのインタビューを許されることになり、その後中央情報局に雇われて彼の暗殺を試みる…

「誰のせいでもない」(原題 Every Thing Will Be Fine)

ヴィム・ベンダース監督シャルロット・ゲンズブールレイチェル・マクアダムス共演である事故に関わった人物たちの12年間を描いたヒューマン・ドラマ。
2016年11月12日(土)公開。
大雪の日の事故により1人の男性と3人の女性の運命が大きく変化していく…
ジェームズ・フランコは作家のトーマスを演じ、大雪の日に事故を起こしてしまったことで、恋人のサラ、編集者のアン、事故に関わる少年の母ケイトの人生を変えていく…
7年ぶりに劇映画に復帰したヴィム・ベンダース監督が描き出す人間の心の奥にある感情。

R指定の大人向けコメディ・アニメ「ソーセージ・パーティー」では声優を務めるなど、これからもさらなる活躍が期待されるジェームズ・フランコ。

ジェームズ・フランコの出演作でどの作品が好きですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です