「22年目の告白 私が殺人犯です」が大ヒットの藤原竜也。出演作でどの作品が好きですか?

Pocket




「22年目の告白 私が殺人犯です」が大ヒットの藤原竜也。出演作でどの作品が好きですか?

「22年目の告白 私が殺人犯です」が大ヒットの藤原竜也
藤原竜也は1982年5月15日に埼玉県秩父市で生まれました。
1997年に蜷川幸雄演出の舞台「身毒丸」主役オーディションでグランプリを獲得し、俳優デビューし、2000年深作欣二監督「バトル・ロワイアル」の主演に抜擢。

テレビ、舞台など幅広く活躍し、映画では金子修介監督「DEATH NOTE デスノート」、佐藤東弥監督「カイジ 人生逆転ゲーム」、三池崇史監督「藁の楯」、大友啓史監督「るろうに剣心 京都大火編/ 伝説の最期編」、平川雄一朗監督「僕だけがいない街」などに出演してきました。

藤原竜也の主な出演作品は次の通りです。
「バトル・ロワイアル」

高見広春の小説深作欣二監督前田亜季山本太郎栗山千明ビートたけし共演で映画化したサバイバル・バイオレンス・ムービー。
2000年12月16日(土)に公開され、興収31.1億円。
新世紀教育改革法”BR法”が制定された近未来の日本を舞台に、無人島に閉じ込められた中学生42人が最後のひとりになるまで殺し合いをさせられる残酷なサバイバル・ゲームに挑む…
藤原竜也は生徒のひとりの七原秋也を演じ、同級生の中川典子を守るため、武器を取ることを決意し、島から脱出しようとする…
中学生42人が繰り広げる衝撃的なサバイバル・ゲーム。賛否両論を巻き起こしましたが、藤原竜也、栗山千明、柴咲コウの魅力が光ります。

「DEATH NOTE デスノート」

大場つぐみ、小畑健の人気のコミック金子修介監督が松山ケンイチ共演で実写映画化した2部作の前編。
2006年6月17日(土)に公開され、興収28.5億円。
“名前を書かれた人間は死ぬ”死のノート”DEATH NOTE”をめぐり天才・月と天才・Lの頭脳バトルを描く…
藤原竜也はエリート大学生の夜神月を怪演。

2部作の完結編「DEATH NOTE デスノート the Last name」

2006年11月3日(土)に公開され、興収52億円。
死のノート”DEATH NOTE”をめぐる天才・月と天才・Lの頭脳バトルの行方を描く…
天才・月と天才・Lの頭脳バトルを金子修介監督らしい映像で描かれていて、藤原竜也、松山ケンイチの迫真の演技がストーリーをさらに深くしてくれます。

「カイジ 人生逆転ゲーム」

福本伸行の人気コミック佐藤東弥監督天海祐希香川照之共演で実写映画化。
2009年10月10日(土)に公開され、興収22.5億円。
自堕落な生活を送り、多額な借金を抱えたフリーターのカイジは、遠藤と名乗る悪徳金融会社の社長に誘われるまま、あるゲームに参加するため謎の船に乗り込む…
藤原竜也は伊藤カイジを熱演。
藤原竜也、天海祐希、香川照之の怪演がドラマをさらに楽しませてくれます。

続編「カイジ2 ~人生奪回ゲーム~」

2011年11月5日(土)に公開され、興収16.1億円。
原作で一番人気のエピソード「欲望の沼」をベースに映画化。ようやく果たした人生の逆転劇から一転、再び借金を背負ったカイジが前作で失脚した利根川ら負け組4人と手を組み命懸けのゲームに挑む…

「藁の楯」

木内一裕の傑作警察小説三池崇史監督大沢たかお松嶋菜々子共演で映画化したサスペンス・アクション。
2013年4月26日(金)に公開され、興収18.2億円。
三池崇史が監督。10億円の賞金を賭けられた凶悪犯の清丸。市民や警察官まで彼の命を狙う中、5人のSPと刑事が清丸を移送しようとする…
緊迫感あふれるアクションが次々に展開。徹底して守ろうとする警備部SPを演じる大沢たかお、松嶋菜々子。犯人を演じる藤原竜也。この3人の共演も見所です。

「るろうに剣心 京都大火編/ 伝説の最期編」

和月伸宏の人気コミック「るろうに剣心」のクライマックスにあたる「京都編」を大友啓史監督佐藤健主演で映画化した2部作。
前編「るろうに剣心 京都大火編」は2014年8月1日(金)に公開され、興収52.2億円。
完結編「るろうに剣心 伝説の最期編」は2014年9月13日(土)に公開され、興収43.5億円。
新時代を迎え、緋村剣心は大切な仲間と穏やかな日々を送っていた。そんなある日、剣心は新政府から剣心の後継者として”影の人斬り役”を務めた志々雄真実を討つよう頼まれる…
藤原竜也は緋村剣心の最大の敵の志々雄真実を怪演し、緋村剣心を徹底的に苦しめる…
緋村剣心を演じる佐藤健のパワーアップした剣さばきにアクション。藤原竜也、神木隆之介、伊勢谷友介といった怪優たちとの戦い。時代劇を超えたアクションが楽しめます。

「僕だけがいない街」

三部けいの人気コミック平川雄一朗監督有村架純共演で実写映画化したミステリー。
2016年3月19日(土)に公開され、興収14億円。
売れない漫画家の藤沼悟は、ある日突然「リバイバル」という特殊な現象に見舞われ、自分の意志に関係なく時間が巻き戻る現象により18年前の〈連続誘拐殺人事件〉の謎と真犯人に迫る…
藤原竜也は藤沼悟を好演し、タイムリープによって18年前の児童連続誘拐事件の謎に迫る…
原作の出来があまりにもよすぎることもあり、賛否両論ありますが、ノンストップで繰り広げられるストーリー展開、藤原竜也の熱演がさらに深くしてくれます。

最新作は入江悠監督伊藤英明共演で描いたクライム・サスペンス「22年目の告白 私が殺人犯です」

6月10日(土)公開。
未解決のまま時効を迎えた22年前の連続殺人事件の犯人を名乗る男が殺人に関する手記を出版したことから新たな事件が巻き起こる…
藤原竜也は殺人手記を出版する殺人犯の曾根崎雅人を怪演。

これからもさらなる活躍が期待される藤原竜也。出演作でどの作品が好きですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です